フラジャイル・コンセプト (建築・都市レビュー叢書)

著者 :
  • NTT出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757160743

作品紹介・あらすじ

【建築・都市レビュー叢書 第4弾】

「原っぱ(=人々が行動することによって楽しさを発見する空間)」と「遊園地(=人々の楽しみ方があらかじめ与えられている空間)」というコンセプトを提唱し、原っぱのような建築をつくることを試みてきた青木淳氏が、2011年の東日本大震災以降に、さまざまな媒体に書いてきた原稿を、テーマごとに並べ替えた論集。そのなかから抽出されたアイディアを「フラジャイル・コンセプト」と名づけ、青木建築の新たなキーワードとして提出する。震災以降の青木氏の建築への取り組み方の変化、息遣い、さらに今後の展望が描かれた一冊。

著者プロフィール

1956年生まれ。建築家。82年、東京大学工学部建築学科修士課程修了。磯崎新アトリエに勤務後、91年に青木淳建築計画事務所設立。個人住宅を始め、青森県立美術館に代表される公共建築、いくつものルイ・ヴィトンの商業施設など作品は多岐に渡り、世界的な評価を得ている。99年に日本建築学会作品賞、2004年に芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。2015年には読売新聞書評委員を務めた。主な著書に『原っぱと遊園地』、『原っぱと遊園地 2』、『JUN AOKI COMPLETE WORKS 1 :1991 - 2004』、『同第2巻 :青森県立美術館』、『同第3巻 :2005 - 2014』、『青木淳 ノートブック』などがある。

「2018年 『フラジャイル・コンセプト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青木淳の作品

フラジャイル・コンセプト (建築・都市レビュー叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×