• Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757160774

作品紹介・あらすじ

建築家・槇文彦はエッセイ「アナザーユートピア」で、建物からではなく、「オープンスペース」――広場、路地、道、原っぱ――から、都市の未来をいまいちど考えなおそうと問題提起をした。本書では、槇の問題提起を受け、さまざまなジャンルで活躍する若手からベテランまでが寄稿し、これからの都市のあり方に一石を投じる。
執筆者 青木淳、塚本由晴、手塚貴晴、田中元子、伊藤亜紗、広井良典、ほか全16名。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 都市をオープンスペースという視点から考え直してみようという槇文彦の投げかけに対して、建築家だけではなくランドスケープデザイン、アート、社会福祉、法律といった様々な領域の専門家が応答した文章を集めた本。

    都市をオープンスペースから考える必要性は、都市というものがあらゆる種類の人々を包摂する必要があるものであり、また社会の流動化、多様化に伴って、これまで以上に柔らかくしなやかな受け止めが必要な時代になってきたということがあるのだと思う。

    これまでの「建築」という行為やその成果物が、目的を明確にしたうえで合理的に機能と空間を構築していくというやり方で作られてきたため、建築のみで構成される都市をイメージすると、しなやかさや曖昧であるが故の柔軟性といったものは、不足することになってしまう。

    「オープンスペース」という概念はそれを補ううえで重要なものになっていくのだろう。

    したがって、「オープンスペース」といっても、いわゆる敷地内の公開空地を対象とするより、路地であったり公園であったり、空家であったりと、その対象としては様々なものが取り上げられている。

    そのような物理的なスペースのみならず、法の「余白」としての規定や解釈のすきまを都市づくりにいかに活用していくかといったことも、本書の中で取り上げられている。

    また、物理的空間であっても、その作り方だけでなく、同じ場所でも管理(ルール)のあり方によって全く使われ方が変わっていく様子、また身体障碍者の空間把握の方法や移動の方法を参照することで、空間自体が新たな見え方をするといったことまで取り上げられており、視野が広がった。

    大正時代の「街路構造令」には、現在でもある「道路」という概念とは別に、沿道の建物や街路樹なども含んだ「街路」という概念があり、沿道の経済活動に寄与することが目的とされていたという事実も、この本で初めて知ることができた。

    オープンスペースというものは、空間の形状や与えられた機能だけで規定されるものではなく、使われ方やその意図、使い手のコミュニティのあり方といったものによって形成されてくるものであるために、このような幅の広い視点からの議論を積み重ねていくことが必要なのだと思う。

  • 東2法経図・6F開架:518.8A/Ma34a//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1928年東京都生まれ。日本を代表する建築家。代表作に、《代官山ヒルサイドテラス》や、ワールドトレードセンター跡地の《4WTC》など。新国立競技場問題では、異議を最初に表明し、議論をリードした。

「2019年 『アナザーユートピア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

槇文彦の作品

ツイートする