善と悪のパラドックス ーヒトの進化と〈自己家畜化〉の歴史

  • NTT出版
4.45
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757160804

作品紹介・あらすじ

寛容と暴力、2億5000万年の人類史
世界で最も温厚で最も残忍な種、ホモ・サピエンス。協力的で思いやりがありながら、同時に残忍で攻撃的という人間の特性は、なぜ、いかにして育まれたのか。ヒトの攻撃性が他の霊長類と異なる理由とは? 世界的人類学者が、寛大で従順な性質を自ら身につける「自己家畜化」という人間の進化特性を手がかりに、優れた洞察とエビデンス、人類学、生物学、歴史学の発見をもとに、人類進化の不思議に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 知的好奇心を十分に満足させられた一冊であった。

    傑作として名高いジャレド・ダイアモンド氏の『銃・病原菌・鉄』やユヴァル・ノア・ハラリ氏の『サピエンス全史』に匹敵する面白さである。

    ガチガチの学術書であるが、その文体は非常に分かりやすくどんどん読み進めることができる。
    著者のリチャード・ランガム氏はハーバード大学の生物人類学の教授であるが、著者の本書で提唱する「自己家畜論」や「処刑理論」を読むと目から鱗が落ちる体験ができる。

    どのように我々ホモ・サピエンスが世界の頂点に立つことができたのか?
    この難問が彼の理論できっちりと説明することができるのである。

    ホモ・サピエンスは個々の個体を強化するのではなく、組織としての力を強化していくことによって強くなっていった。

    本書のなかにネアンデルタール人とホモ・サピエンスの違いやどうやってネアンデルタール人をホモ・サピエンスが駆逐していったかが丁寧に説明される。

    ネアンデルタール人とホモ・サピエンスの脳の容積はほぼ同じであり、体格は若干ネアンデルタール人の方が大きい。個体としてはネアンデルタール人の方がホモ・サピエンスよりも強いと言ってもよかった。

    しかし、ホモ・サピエンスの方が優れている部分があった。それが組織力である。

    ホモ・サピエンスはネアンデルタール人よりも言語を上手く操ることができ、仲間同士でのコミュニケーション能力が高く、組織だった行動や攻撃を行うことができ、個体としての力が強かったネアンデルタール人を組織の力でホモ・サピエンスは撃退していったのである。

    この組織だった行動を生むのが「自己家畜論」「処刑理論」で説明される。
    個人よりも組織を優先する本能を育てるため、個人の狂暴性は世代ごとに失われていき、協調性が高まっていったのである。

    それには「処刑理論」も一役買っている。
    古代では力の強いボスが組織を牛耳っていたが、言語が発達し仲間同士でコミュニケーションができるようになると、横暴なボスを他の者たちが協力して処刑することができるようになった。
    つまり、力が強いだけの個体より、力は弱いけれども集団で立ち向かうことができるほうが強くなったのである。非常に納得させられる。

    本当に素晴らしい本であった。
    最後に著者は「処刑」の役割について認めているものの現在の死刑制度には反対している。
    「処刑」が役に立ったのはあくまでも古代であり、警察や刑務所がない時代の話である。
    現在は、警察や刑務所が「処刑」の役割を十分に果たしているので今の時代では「死刑」は必要ないと述べている。

  • https://youtu.be/wKH0hsaaxPk
    本書をこれから手にとる人も、読み終えた人も参考になると思ったレビュー動画がコレ。
    本書でも「はじめに」で、全体のアウトラインが示されるが、全然ネタバレとも言えないほど簡単な要旨、だけど、以降の各章から汲み取れる知見は、さらに深いので読み応えがある。

    まず、重要だと思った指摘は、社会的な理解力の向上が、すぐれた知能ではなく感情のシステムの変化によるものだという点。
    すなわち人間の進化は、知能ではなく恐怖心の低下によって引き起こされたのだというからブッ飛ぶ。

    かつてオオカミに近かった人間の行動が、犬に近い現代の行動へと変わったと言われる通り、短気ですぐに相手を威嚇し、喧嘩をしていたのが、温和になり、従順で寛容になったのは、自己家畜化によって反応的攻撃性が抑えられたためだ。
    家畜化は、社会化の窓の期間を延長し、恐怖心を弱める。恐怖心が弱まることで、注意深くお互いを見ることができ、他人のシグナルを読む能力を増大させる。
    ホモ・サピエンスとネアンデルタール人の違いも、知能より感情に基づいていた。
    結論的には、ホモ・サピエンスは自己家畜化し、ネアンデルタール人はしなかった。
    犬とオオカミの差異に近く、ホモ・サピエンスが、自己家畜化によって、反応的攻撃性を低下させ、激情や自己中心的な支配欲を抑えると、恐怖心が弱まり、協力し合う寛大さを手に入れたのに対して、ネアンデルタール人は、緊張を緩和でぎす、あまりにも早く攻撃に移ったので、社会的な協力関係が築けなかった。

    ここで、なぜ生物学的な利点のない同性愛が淘汰で消え去らなかったのかという疑問を呈示し、同性愛は適応ではなく、進化による副産物ではないか、と。
    すなわち、自己家畜化の副産物で、反応的攻撃性を抑える選択の付随的な結果だとする。
    反応的攻撃性を抑える選択が偶発的に協調性を高め、協調性の向上が非適応の同性愛行動を生んだという指摘は興味深い。

    それと、確かに反応的攻撃性が低下すれば、寛容な協調性は向上するが、それだけでは不十分で、道徳性の向上も不可欠だ。
    息子の命を犠牲にしたイヌイットの未亡人の話が出てくるが、この人間に特有の特徴を説明する前に、そもそもなぜ自己家畜化が始まったのだろうか?

    そこには言語の獲得があり、従来は言葉が評判を生み、評判が道徳性を生んだという評判仮説があったが、そもそも暴力的な図々しい男にとって、評判など無意味だ。
    現在では、言語能力の向上が、共謀する能力の引き上げ、集団で暴君を排除(処刑)が可能になることで、自己家畜化が進行したとする、処刑仮説が主流となりつつある。
    つまり、横暴なボスを失脚させるため、下位の男たちが団結して、共謀し、互いに信頼し協力して暴君を処刑する。
    支配的で、気が短い乱暴者を淘汰するため、言語によって共謀する能力が引き出されたのだが、これは人間に特有の能力だとする。
    この言語獲得が共謀する能力を育み、思いのままに人を処刑する協力関係が出現したというのは、ずいぶん唐突な感じがするかもしれない。

    しかし著者は、人類が見知らぬ敵を殺して楽しむように進化したという、更なる不穏な考えを呈示する。
    進化は他者を殺すことを快楽にした。すべてのメンバーにとって、弱った隣人は言うに及ばず、目の上のたんこぶのような横暴で危険なボスでさえ、集団で共謀して襲えば成功の確率が高いと踏めば、躊躇なく攻撃し、成功に酔いしれる。
    この死刑の導入は男性連合の支配の始まりで、その後の家父長制導入も新たな女性支配の更新に過ぎないという指摘は重要。
    それと、男たちの掟のルール化が恐れの感情を育み、道徳的感受性を進化させたという結論も凄い。

    つまり、すべての根底にあるのは恐怖心で、一方では恐怖心の低下が、協調性を高め、協力関係を生み出し、他方では、掟を破ること、批判されることへの恐怖心が、道徳的感受性を進化させたのだ。
    他に類を見ないほどの複雑な道徳的集合体はこうして作られ、「種としてきわめて邪悪であると同時に、きわめて善良である」ように我々は進化した。

  • 人間社会は他の霊長類に比べて暴力的になることが例外的に少ない一方、一度戦争などの紛争が起こると死亡率が例外的に高くなる事象をもって「(人間社会の)善と悪のパラドックス」と呼び、その謎に迫っている。

  • ・難しかった、、、ಠ_ಠ
    途中結構目を滑らせてるだけのところがあった笑
    脳の構造に関する知識が皆無なのでイメージしづらかった 人の名前、固有名詞が多すぎて、、、何が何だか

    ・と、同時におもしろかった〜!って感想も有
    善とは?悪とは? 悪的行動をさらに2つに分けるやり方はこれまで考えたことなかった。新しい知見を得られた


  • 読了。猿から人にどうやって進化したのかが、納得できた。言葉を獲得して、自己家畜化をすれば、集団として、強力な力を得ることができ、ネアンデルタール人を滅ぼすほどの力を得ることができる。文字のことには、なかったが、世界を見るとラテン文字(ローマ字)を使う文化圏と漢字を使う文化圏とアラビア文字を使う文化圏の勢力争いの最中なのかも知れない。産業革命でラテン文字が優勢になったが、IT革命で、漢字も力をつけている?サピエンス全史も読んでみよう。


  • 自己家畜化に伴う人間の善の部分(反応的攻撃性)が、「処刑」による淘汰で発生する一方、類人猿の頃からの悪の部分(能動的攻撃性)も進化過程で維持・強化された、と言う話。仮説の域を出ない分析も含まれているが、全体的に説得力があり、良く整理された議論である。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

ハーバード大学生物人類学教授、ピーボディ博物館霊長類行動生物学主幹。著書に『火の賜物』(NTT出版)、『男の凶暴性はどこからきたか』(共著、三田出版会)など。

「2020年 『善と悪のパラドックス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リチャード・ランガムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
カルロ・ロヴェッ...
デヴィッド・グレ...
トーマス・セドラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

善と悪のパラドックス ーヒトの進化と〈自己家畜化〉の歴史を本棚に登録しているひと

ツイートする
×