「心理戦」で絶対に負けない本 実戦編(文庫)

  • アスペクト
3.24
  • (7)
  • (11)
  • (16)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 217
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757217478

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実践的な内容で、前半が面白かったです。

  • 二匹目のドジョウと狙ったのだろうが、出来の悪い営業セールスのマニュアル本になってしまった。こういう手法に騙されないように読む分には有益か?

  • 続編

    具体例を絡めて交渉術が記載されてる。
    何度か読み直して見につけたい。

  • 2.5スター
    いくつかの章やテクニックにおいては、ビジネスマンだけでなく子育て中の親から子にむけて使える技もあったのはとても良い。
    しかし、第一章においては理想論としか言いようがなく、具体的な例もなかったのが残念。

  • 現実離れの理想論を多々感じる

  • 経営理論を知るビジネスパーソンは多いのに、心理学の原理を知る人はあまりいない
    →希少性

    ・付加価値とは、イメージ。
    よくわからないが、なんかすごそう、良さそうという心理を与えられればよい

  • 人を動かすのはお金ではなく、人柄であり、その人の「心」

    贈り物をもらった直後の方が、人は依頼を引き受けてくれる。(4分以内)

    食事、お菓子で相手をいい気分にさせる

    理由を説明した時の説得力は絶大

    単調作業がなされるオフィスの壁紙は淡いピンクかベージュがいい

    ホットコーヒーの香りが相手をいい気分にする

    頼みごとをするなら晴れの日

    まばたきをしない!まばたきの多さは緊張のパロメーターになる。

    相手の右後ろから声をかける

  • 一読の価値あり

  • 2015/7/16

  • 20150601
    20150630

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

心理学者、東京心理コンサルティング代表

「2014年 『「中途ハンパ」は必ず直る!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊東明の作品

「心理戦」で絶対に負けない本 実戦編(文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする