面白くてよくわかる!古事記 (日本の神々を知る大人の教科書)

著者 : 三浦佑之
  • アスペクト (2011年11月22日発売)
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757220119

作品紹介

日本には、どんな神さまがいるの?私たちの祖先は、何を考えていたの?不思議だけど面白い、神話の世界へ。

面白くてよくわかる!古事記 (日本の神々を知る大人の教科書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勧められて読んではみたもののあまり興味が持てないまま読了。知識として一通り頭に入ったので機会があれば他の歴史書にもチャレンジしてみたいです。

  • 今まで名前しか知らなかった古事記は日本の歴史書。日本書紀も同様だが、古事記は神話に重きがおかれている。
    出雲大社はオオクニヌシが国譲りの際に建てた自分の住まい、高千穂は天孫降臨の際にニニギが降臨した場所…など歴史好きにはたまらない一冊。分かりやすい。

  • 古事記の書籍の中でも本書は構成がわかりやすく、各話の詳細さには欠けるが全体を理解しやすい。

  • 古事記の成立、古事記を佼成する世界の図解や日本書紀と比較、本居宣長の研究、名前はあがっているけど、数多くのエピソードの無い神のリスト、など わかりやすく、面白い。
    また、神々のエピソードも簡潔に見開き1ページで紹介されていて、読みやすい。

  • 出雲大社や玉造温泉に行ったときに、古事記の世界観に触れたので一度解説書を読んでみたいと思い購入した本である。古事記の構成(上巻が神話で、中下巻が天皇の話)を初めて知ったし、スサノオとかヤマトタケルといった神々もどういうエピソードを持った人なのかというのを断片的にしか知らなかったのだがこの本を読んでようやくつながった気がした。ただ解説書という位置づけであるため、淡々と描かれているような本で自分の知っている登場人物以外の名前が、長いカタカナであることもあり、なかなか感情移入ができず読むのが少しつらかった。

  • よくわかる。というほど分かりやすいとは感じませんでした。

全6件中 1 - 6件を表示

三浦佑之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
又吉 直樹
百田 尚樹
恩田 陸
冲方 丁
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

面白くてよくわかる!古事記 (日本の神々を知る大人の教科書)はこんな本です

ツイートする