ウケる技術

  • オーエス出版
3.47
  • (106)
  • (107)
  • (276)
  • (36)
  • (14)
本棚登録 : 1073
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757301788

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <きっかけ>
    Amazonのサイトで見つけて気になった

    <目的>
    ユーモアのある話し方を身につけたい

    <概要>
    笑いの技術を、使いたい場面を想定してシミュレーションを交えた手ほどきを行っている。

    <感想>
    読んでいて実際に笑えるシミュレーションも多く、なんとなく感覚で笑ったり笑わせたり笑われたりしていたことが、「なるほど、そうだったのか」と腹に落ちた。
    たまに見返して復習したい(笑)

  • 営業の本やコミュニケーションの本などの自己啓発系の本はほとんど読まないが、自分に足りないものはなんなのか、また自分が出来ているが、どう他の人に伝えればいいのかわからない技術を言語化するための勉強として読む。というのは建前の、本当は少しでもオモシロクなるための足しにでもなればという切実な思いからの読書。

    営業の参考書としてもオモシロイ。

    コミュニケーションはサービスという言葉はとても感銘を受けた。やはり足りないのはサービス精神。楽しませてもらって当然なのではない。その気もちが自分には足りていないからコミュニケーションが下手なのだと思う。

    今後営業関連の本読んで見ようかな。いままで感性でやりすぎたぶん、どう人に伝えればいいのか、そこにいまだに悩む時がある。

  • この本に書かれている通りにやっていたら、絶対!!話術は磨かれます。
    口ベタな方、落(オチ)がない話を打開したい方!
    必読です!
    【熊本学園大学:P.N.夏のせみ】

  • 電通アイデアソースライブラリからおすすめの本。


    ぜひ、全ての技をマスターしたい。

    イベント司会をする前に、必死に読んでいた。
    しかし、直前に読むだけで使える裏ワザのような即効性はない。

    何度も熟読して理解して、あとは何度も実践を積むのみ!


    笑いを論理的に、技術として習得するための本。

  • コミュニケーションはサービス

  • めちゃくちゃ面白い。

  • うけた。

  • このコンセプトで実際に出版してしまったのがまずすごいと思う。

    夢をかなえる象も、本屋で見かけたときは、興味を覚えなかったけど、この本の著者ミズノンノが著者と知って、やっぱり買うことにした。

  • 文章がうまい。軽快でリズムがある言葉の使い方。

    この本自体もウケるネタ多数。

    取り上げている技術の守備範囲がとても広い。

    水野敬也さん流石です。

  • 忘れた頃に軽く読み返してもおもしろい。

全173件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウケる技術のその他の作品

ウケる技術 (新潮文庫) 文庫 ウケる技術 (新潮文庫) 水野敬也

水野敬也の作品

ツイートする