ウケる技術

  • オーエス出版
3.47
  • (106)
  • (107)
  • (276)
  • (36)
  • (14)
本棚登録 : 1073
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757301788

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 必読。

  • 読めば読むほど自分がおもしろくなくなる。

  • コミュニケーションを円滑に行うにはどうすべきか?


    顔よりトークを、整形しよう。

  • これ、大好きだったのですよ。
    東大の院に行ってしまった友人に貸したら、絶賛していたことをよく覚えています。
    これもベストセラーになってますよね。

  • 技術指南の本ではない。軽い読み物である。こんな会話、ありえない!と所々ツッコミつつ、ちょっとしたアタマの体操。ハウツー物風の装いも洒落が効いている。

  • おもろい!

  • 使えない本

  • 読んでてウケルw

    さらに実践してウケルww

    読むっきゃない☆

  • ブックオフにて100円で購入。

    いやーおもろい!!
    これを実践している人に気づいてしまうのが怖い。
    そういう人の「下心」をケースでやってほしかったな。

    コミュニケーションはサービスである。

  • ★読む目的
    ウケる技術習得!

    ★読書レベル
    シントピカル読書

    ★メインブランチ
    『はじめとおわり』 『神の視点』 『チューニング力』  

    ★INPUT
      ・コミュニケーションはアドリブである。ウケる技術には、アドリブ1つ1つにスキルが
       裏づけされている
      ・空気・共感もの:場の空気を読み、その空気を拾う技術。ウケるための基本的な考え
       方である
      ・キャラもの:場の空気を作り出す。キャラを演じることで、笑いにつなげる
      ・前後もの:会話の前と後ろで、逆の関係をつくる。聞き手の期待の逆を行く。いい意味
       で裏切る
      ・クリエーティブもの:応用レベル。場の空気を読んだり作り出したりすることとは別に、
       頭の中で面白いことを考えてる人向け。新しい組み合わせを作る技術と、べた名共感
       しやすい連想を展開する技術によって成り立つ

    ★ウガンダの感想
     笑いという強力なツールで、積極的に相手に食い込もう!ウケる技術は誰でも、マネは
    可能である。有限のパターンの組み合わせで、分解は可能。意欲・努力で上達可能で、
    人脈は増え充実な人生を送ることが可能になります!

    ★一言で言うなら
     『顔よりトークを整形!』

    ★OUTPUT
      ・突っ込み、建前、前置き、分裂、カミングアウト、自分突っ込み、下心、タメ口
      ・深読み、アピール、ミスマッチ、カウンター、キャラ変、同調、便乗、裏切り
      ・アピール、深読み、フェィク突っ込み、キザ、パロディ、自分フォロー、ディテール化
      ・天丼、番組化、レッテル展開、悪い空気、ロープレ、擬人化、ビジュアル化、強がり
      ・決まり動作、決まり文句、韻、ボキャブラリー、勘違い、俯瞰、詭弁、恐縮、切り替え

    ★BookCrossingしたい度
     『★★★★☆』

全173件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウケる技術のその他の作品

ウケる技術 (新潮文庫) 文庫 ウケる技術 (新潮文庫) 水野敬也

水野敬也の作品

ツイートする