ウケる技術

  • オーエス出版
3.47
  • (106)
  • (107)
  • (276)
  • (36)
  • (14)
本棚登録 : 1073
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757301788

作品紹介・あらすじ

相手を笑わせること。それはビジネスや恋愛を成功に導く非常に重要な戦術です。「自分は面白くないから」と嘆くのはまだ早い。本書は、笑いが生じる場面を詳細に分析し、それを応用可能な「技術」として体系化した、コミュニケーションの教科書なのです。これを読んでスキルを身につけたなら、あなたも必ず「ウケる人」になれるはず。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全てが脳内ザキヤマ(アンタッチャブル山崎弘也さん)で再生された。濃ゆーい。
    ここ関西には他者を圧倒するボケ・ツッコミ体質という土壌が豊かにあり、笑いを制する者は全てを制すると行っても過言ではない。ルックスや学歴、経済力等の一般的な異性ウケ要素が満たされていなくとも、おもろいやつがモテる(ただし、女性の場合はおもろいことはモテにはつながらない)。ウケるというのは一種のコミュニケーションであり、それに成功しているということはその人物のサービス精神やセンス・気配り・愛が受け手に響いているということに他ならない。

    どちらかといえば関東の笑い、そして男性向きの内容であるがビジネス面・恋愛面・家族面など幅広いシチュエーションで活用できそう。もちろんこれをそのまま演じてみても本人のキャラクターに合っていなければ、イタい反応にはなると思うが。

  • ウケるw。但是,不能使用。社会人がやったら完璧チャラ男。ウケない芸人に必携の一冊?But I can't use, I won't use. (^^)

  • 顔よりトークを、整形しよう。
    コミュニケーションはアドリブ
    打ち解けるのは時間の問題、それでもダメなら相性が悪いだけ

  • 笑いが生じる場面を詳細に分析し,
    それを応用可能な「技術」として体系化した,
    コミュニケーションのhow-to本です。

    もっとザックリ言ってしまえば,
    お笑いの教則本。

    普通に読むだけでも,
    ぷぷっと笑える。

    空気を読む能力,頭の回転の速さがないと,
    空回りしてしまう可能性大。

    実際に使用するにあたっては注意を要する。

  • お笑いを解体する。

    面白い

  • ひとから、ウケるための方法を、体系化しているのが素晴らしい。会社とか公の場の楽しい会話は概ねこの法則に当てはまるのではないかと思う。

  • 大爆笑(笑)ぜひ読んでください☆
    なによりコミュニケーションはサービスである!という考えを初めて知り衝撃をうけました!

  • 大袈裟なケーススタディで学ぶ、笑いの戦略と戦術。

  • ウケる技術には大きく4つのカテゴリがある。「空気・共感」、「キャラ」、「前後」、「クリエーティブ」である。「空気・共感」では、相手の面白さに気づいて拾うこと、自分の恥ずかしい部分を告白すること、下心を口に出してしまうこと、全体像にツッコミを入れること、相手の行動の裏を読むこと、相手のネガティブな期待に応えること、普通ためらうことを即レスで言うこと、相手をいたわりながら切り返すこと、雰囲気の悪さを共感しあうことがあげられる。「キャラ」では、思ってもいないことをオーバーに言うこと、目上の人に友達感覚で話しかけること、極端に下手に出ること、物事を都合よく解釈すること、過剰にかっこよく演技すること、自分で自分をはげますこと、自分の魅力をアピールすること、あつかましく相手にねだること、相手を設定に巻き込み演技させること、自信ありげにふるまうこと、体を使ってこっけいな映像を再現すること、決まり動作を場面にあてはめることがあげられる。「前後」では、後に続くせりふの心の準備をさせること、ふつうと逆の言い方で言うこと、行き過ぎた自分にツッコミを入れること、会話の矛先をいきなりかえること、態度を急変させること、相手に次の行動を読ませておいて逆を言うことがあげられる。「クリエーティブ」では、ヘリクツをつけて説得すること、怒り口調で相手が傷つかないことを言うこと、有名な歌やフレーズを会話の流れにあてはめてみること、話の細部を具体的にしてころがすこと、話の文脈と違うモノを組み合わせること、一度ウケた言葉を再度登場させること、相手の行動の1つのレッテルで解釈すること、モノの目線でコメントすること、決まり文句を場面にあてはめること、述語をそろえて対比させること、会話の面白さが増す語彙を意識していることがあげられる。

  • 「夢をかなえるゾウ」の著者による、「笑い」の仕組みをパターン化した画期的な本。

  • 「夢をかなえるゾウ」の作者水野さんのデビュー作。
    ありそうで?なかった日本初の「お笑いの教科書」である。
    ウケるための技術・ポイントが38個に分けて紹介されている。

    個人的には「自分ツッコミ」「ディテール化」「深読み」のテクニックが非常に参考になったかも。

  • ガイジン化
    1.ツッコミ
    2.建前
    3.カミングアウト
    4.前置き
    5.分裂
    6.自分ツッコミ
    7.下心
    8.タメ口
    9.恐縮
    10.切り替え

    逆境で粘り強い
    11.詭弁
    12.俯瞰
    13.カン違い
    14.フェイクツッコミ
    15.キザ
    16.パロディ
    17.自分フォロー
    18.ディテール化
    19.深読み
    20.アピール

    神の視点で見る
    21.キャラ変
    22.同調
    23.便乗

    逆をねらう
    24.裏切り
    25.カウンター
    26.ミスマッチ
    27.粋

    チューニング力
    28.天丼

    番組化
    29.レッテル展開
    30.悪い空気
    31.ロールプレイング
    32.擬人化
    33.強がり

    アクションとレトリック
    34.ビジュアル化
    35.決まり動作
    36.決まり文句
    37.韻
    38.ボキャブラリー






  • なによりも内容にウける。

    日常で使えば人気者か寒い人かどちらかになります。

    立ち読みして即買い。
    これ単体でもってたらきっと暗い人にみえるのかもしれない。

  • 全く才能がない私を見兼ねてか、友人がプレゼントしてくれたこの本。ありがとう出口くん。
    それにしても、なんとまあ胡散臭そうだこと。
    しかし、冒頭の説明書きを読む限りでは、意外に真面目な本にも伺えた。
    コミュニケーションには潤滑油として笑いは必要であると思う。それによってうまく相手と良好関係が築ければいいよね。
    それに自分の笑いのセンスがビシッと決まれば、きっと気持ちもいいんだろうなと。よし、俺もアドリブ力を高めよう。

    あ、ちなみにこの本は途中で挫折しました。

  • トークも技術、コツがわかれば怖くない。

    見本の会話がまるでコントみたいなのはともかく、常に相手の様子を観察し、時に応じて自分を上げたり下げたり、それがウケる技術。芸人レベルもざらに存在する関西、少々は技術を身につけて、自分も相手も気持ちよく会話したいもの。

  • 教会のクリスマス祝会のために購入。結構役に立った。

  • 本文はそれなりに面白かったが,写真につけた吹き出しのようなコントが最高.こちらばかりのシリーズがあってもいいのでは.それなら,★4かな

  • 写真とそれに伴うボケが秀逸

  • 日常会話からビジネスまで
     初対面、上司、同僚、恋人、様々な人に接するうえで必要なユーモア。それらを体系化して、カテゴリごとに例とテクニック詳細が書かれています。

    すごく大事、かつくだらない
     普段何気なく話す会話を思い返して、「あっ、あそこウケてたなー」と思う部分の大半がうまくカテゴリに分かれている。
     普段から面白い会話は心がけているが、改めて体系化すると再現性も非常に増す上に自分の特性に合った会話を展開出来るようになるはず。

    ちなみに好きなカテゴリは 

     「分裂」…ふつうと逆の言い方で言う
        シリアスに
        「MEGUMIって…
          田嶋陽子に似てると思うんだ…」

  • コミュニケーションやお笑いを理論化していて面白かったが、普段からこんなに考えながら喋るのはとても窮屈である

全173件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

水野敬也
愛知県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。著書に『夢をかなえるゾウ』『人生はニャンとかなる!』『神様に一番近い動物』『たった一通の手紙が、人生を変える』『ウケる技術』『四つ話のクローバー』『雨の日も、晴れ男』『大金星』ほか、作画・鉄拳の作品に『それでも僕は夢を見る』『あなたの物語』『もしも悩みがなかったら』がある。恋愛体育教師・水野愛也としての著書に『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』、またDVD作品『温厚な上司の怒らせ方』の企画・脚本や、映画『イン・ザ・ヒーロー』の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。

「2017年 『仕事のストレスが笑いに変わる! サラリーマン大喜利』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウケる技術のその他の作品

ウケる技術 (新潮文庫) 文庫 ウケる技術 (新潮文庫) 水野敬也

水野敬也の作品

ウケる技術を本棚に登録しているひと

ツイートする