地球と生きる家 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)

著者 :
  • インデックスコミュニケーションズ
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (55ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757303171

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 建築家が、子供の目線で家について伝えるシリーズのうちの1冊。家を重さで考えるという視点や、世界152カ国のCO2の排出量が棒グラフで載っているページ、手についた水をとる方法のエネルギー消費比較など、読み進むにつれ引き込まれていく。
    要するに、エコな建築についての話なのだが、豊富なイラストと写真に添えられたわかりやすい説明で、環境のことを考えながら家を建てるということの合理性と快適さが素直に理解できる良書だ。
    あとがきに、「仕事」についての言葉として、「なるべくたくさんの人、たくさんのすてきな経験や知識を持つ人々と共同で仕事をしたほうがよいに決まっている」というフレーズがとても印象に残る。

全1件中 1 - 1件を表示

野沢正光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

地球と生きる家 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)はこんな本です

ツイートする