革命メディア ブログの正体

  • インデックス・コミュニケーションズ
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757303560

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テクノラティのコトが押し出されすぎのような気がしますが…内容はまずまずかと。 ざっくり言うと、ブログがどんなインパクトを与えてきたか、マスコミとどういう関係にあるのか、テクノラティがこのムーブメントにどう関与・貢献しているか、という感じですかね。 ビジネスにどう生かすか、なんてのもありますが、そんなに斬新さを感じなかったです。

  • 会話やウェブ上などでよく登場するブログという言葉。その「ブログ」って何なのか? ウェブ日記?ウェブ随筆? ホームページとかBBSとか何か違うのか?そんな疑問に答えるのがこの本。 初期のブログ、現在のブログの用途、そしてこれからのブログなどといったもののについても詳述されている。
    ブログについて知りたい、あるいは興味がある人。 今自分のブログを持っている人。そういった人たちにとって一読の価値はあるかと思われる。

    しかし、著者は日本よりも海外での活動の方が活発であるためか、日本におけるブログ事情(ブログが一般化される前の事情)などにはどうやらそこまで詳細には把握していないということがあるとかないとか。
    そういう背景があるらしい中、「アメリカからもたらされたブログ」という視点からみる(日本における)ブログというものを考えるのにはうってつけの本なのかもしれない。

  • ブログ検索サービス、ブログガイドのテクノラティ(Technorati)について、詳細に解説されています。

  • ブログの生い立ち、ここ数年の動きを米国と比較したかたちで読み解くことができます。テクノラティサービスの解説も。

  • 分かりやすく書いてある。「ロングテール」って良く聞くけど何?という人は手にとってみましょう。

全5件中 1 - 5件を表示

伊藤穰一の作品

ツイートする