小島貴子式 仕事の起爆力

著者 :
  • インデックス・コミュニケーションズ
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757305342

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 仕事はやった分だけ能力になる。
    賢さ、謙虚、かわいげが人から好かれる3K

    認められたいなら、まず認める。
    私もだれかのストレス源であることを理解する。

    許容範囲が広い
    自分に対する自信も必要
    客観的になれる余裕
    仕事の楽しさはサプライズ

  • ビジネス書でよく言われていることが多かったが、意外とできてないなと思ったことが2点あった。
    ①仕事での定点報告の重要性
    ②取り引き先との打ち合わせ後の御礼前のチーム内での情報共有
    いずれも実施していくことで、周りや取り引き先との信頼関係を醸成できる点が評価できると思った。

    継続的に実践して習慣にしたい起爆力の元だ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東洋大学理工学部生体医工学科准教授。キャリアカウンセラー。
1958年、福岡県に生まれる。埼玉県庁職業訓練指導員、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科特任准教授、東洋大学経営学部経営学科准教授などを経て、現在に至る。多数の企業で採用・人材コンサルタントおよびプログラム作成と講師を務める。多様性キャリア研究所所長。株式会社Ageless社外取締役。
著書には『就職迷子の若者たち』(集英社新書)、『働く意味』(幻冬舎新書)、『天職力と転職力』(角川SSC新書)、『子育てが終わらない』(斎藤環との共著・青土社)などがある。

「2017年 『女50歳からの100歳人生の生き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小島貴子の作品

ツイートする
×