反省しないアメリカ人をあつかう方法34 (アルク はたらく×英語シリーズ)

  • アルク
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757426832

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2017/08/01 初観測

  • 前職の上司が薦めていた本。タイトルはあれだけど、一部の日本文化しか知らない外国籍講師の異文化コミュニケーショントレーニングなんかより断然面白い。

  • これは良書!内容的には気をてらったところは全くなく非常に「王道」。うなずく箇所多数&しきり。「その通りだよな…」の連続。
    アメリカ人とビジネスする上でのバイブル。

    アメリカ人の多くは外国語を本格的に学んだことがないため、自分の話している英語が早過ぎたり、分かりやすい表現でないなどとは"夢にも思っていない"アメリカ人は多い、との指摘には「我が意を得たり」の感。そうなのでしょうね…(外国語習得の苦労が必要ないなんて日本人の私にはうらやましい限り…)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティングの創立者兼社長。異文化コミュニケ−ションと人事管理を専門とする経営コンサルタントとして、日系と外資系企業のグローバル人材育成を支援している。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営学院卒業。日系大手金融機関の東京本社における職務経験を持つ。日本語が堪能で、朝日新聞globeを含めて日本の出版物に多数のコラムを連載している。『英語の品格』(集英社インターナショナル)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)、『外国人部下と仕事をするためのビジネス英語』(語研)、や『新ビジネスミーティングの英語表現』(ジャパンタイムズ)をはじめ、著書は多数。現在は、グローバル企業の組織開発、異文化トレーニングとチームビルディングを支援することに力を入れていると同時に、北九州市立大学でマネージメントと英語を教えている。

「2019年 『マンガでわかる外国人との働き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロッシェル・カップの作品

ツイートする
×