英語でオノマトペ表現

  • アルク
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757436978

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時々読み返したい。

  • 【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】834||TU
    【OPACへのリンク】
    https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/volume/460668

  • 日本語の「オノマトぺ」(擬音語・擬態語)は英語と比べても非常に多いがでは英語どどのように言うのか。この書は一般学習では学べない単語・熟語がとても多く参考になる(生活単語とでも言うべきか)。英語の多くはそのままの単語を使うが日本語になると表現が豊かなものになるのは不思議で、真に通じるのか疑問を呈してしまう。日本のきめ細やかで繊細な表現は英語では相当苦労する。
    英語には蜂・蛇が出す音の単語があるのにはびっくりだ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1982年イギリス生まれ。父はイギリス人、母はアメリカ人。13歳までイギリスで暮らし、その後アメリカへ。2005年にJETプログラムを通じて来日、新潟で2年間中学英語教師をつとめ,その間に日本語を学ぶ。2008年に再来日。英会話講師とビジネス翻訳の仕事をしつつ、東京大学の柴田元幸教授のもとで学ぶ。現在、ビジネス翻訳などの仕事に携わる。2010年5月、ネット上にEigo with Lukeを開設。直後からコアな学習者の間で話題となる。2014年10月現在、月間およそ100万、年間で1100万のアクセスがある。

「2015年 『この英語、どう違う?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルーク・タニクリフの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×