小説ドラゴンクエスト5―天空の花嫁〈2〉 (ドラゴンクエストノベルズ)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.82
  • (12)
  • (12)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757503083

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2巻は青年期開始からお嫁さんの妊娠発覚まで。仲間モンスターに関してかなりオリジナル要素が強いですがみんないいキャラをしていて賑やかで楽しい冒険が描かれています。淳主人公級の活躍をしているピエールとリュカの母マーサとのシーンも可愛らしいです。
    後半は初々しいリュカとビアンカの恋愛シーンも多めで、この二人が好きな人にとってはなかなか楽しめる巻だと思います。

  • 主人公の奴隷~グランバニア到着までを書く。

    仲間のモンスターたちの会話が生き生きと描写されていたのが小説ならではの表現だろう。

    実はスライムナイトってスライムから胴体が生えてくるみたい。

  • 描き方がうまい。最初は奴隷時代をすっ飛ばして…!!!って思ったけど回想形式にやられた。あと、カルパッチョさんの実況が大好きで「ヘンリーはバカ王子」っていう印象がデフォルトだったんだけど本作ではイケメンすぎわろた。解釈、ドラクエ5に対する印象とか思いって、解釈者によって大きく異なるのだ。これは、スーファミ版に基づくものだよね。最も原作に近い、という言葉が容易に思いつく。仲間との会話機能とか、3Dとかデボラ登場、とか、付加要素によって解釈が大きく偏ってしまっていない、よくいえば純粋な原作に基づく、作品の1つ。そういうね、スーファミ版の面影を感じた。
    冒険も楽しくて、どんどん、純粋に賑やかになっていく一行。純粋でまっすぐなリズムは、賑やかで楽しそうだ。ああいう冒険がしたかった。一行の輪と、終章で到達する故郷で、すっかり大きくなって登場した、という主人公の成長が描かれていて。
    ラブコメ、っていうレビューあったけどわろた。そんな感じです。冒険とラブコメ、次々と展開されていく物語、徐々に明かされていく主人公のバックボーン。歴史を知る、ってことの大切さと素敵さと喜び、その原体験はきっとドラクエ5にある。それを、再確認できた一冊であった。文句なしの満点。というか先週はずっとドラクエウィークでした(121105)。

  • 面白かったです~
    ビアンカと主人公が大人になって!
    後半は恋愛要素強めです。

  • 砂漠は恥ずかしい。皆そう思ってると思います。名作!

  • 20090814
    3日間

  • ドラクエ5 小説2巻。
    モンスターが出てきたり、フローラが出てきたり、ビアンカと再会したり・・・
    恋要素が一番強いかもですね(笑

  • これはもうヤバすぎる名作

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1959年、岩手県盛岡市生まれ。上智大学在学中に作家デビュー。フィクション、ノンフィクションを問わずさまざまなジャンルの作品を手がけ、ゲームやコミックのノベライズなどもおこなう。おもな著作に「プリンセス・ストーリーズ」シリーズ(角川つばさ文庫)、『丘の家のミッキー』(集英社)など多数。公式サイト「久美蔵」http://kumikura.jp/

「2019年 『プリンセス・ストーリーズ 赤ずきんと狼王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久美沙織の作品

ツイートする