スパイラル―推理の絆 (3) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • エニックス
3.29
  • (39)
  • (38)
  • (295)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 852
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757503700

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 好像N百年前有看過...或說
    至少絕對有「畫過同人」的記憶XDD

  • 理緒ちゃーん!
    理緒ちゃんと香介くんの組み合わせが好きで好きで…
    まぁリアルに理緒ちゃんみたいなキャラいたらうぜっってなるんですけど、まぁ漫画なんで、はい

  • 理緒のキャラがねえ…なんかイラッとするんだよねえ…(´^ω^`)
    この辺りからただのコナンじゃなくなってくるってか、歩頑張れ(^q^)←

  • やっぱり相変わらず面白い。

    ひよひよ、だいぶ信頼されてきたなー

    ブレードチルドレン!怖さ知らない精神はどこから??

  • もう出て来るキャラ全てがブレードチルドレンの関係者に見えてしまいますが…それにしても、調査能力だけでなく彼女の信じる心が物語を進めるとは思いませんでした。

  • このころスパイラルにはまった(遅
    アイズが表紙で浮かれてた

  • ファンタジー要素の強いミステリー漫画。主人公の「論理の旋律は真実を奏でる」という決め台詞を始め、登場人物のカッコ良さから腐女子に人気の高い。
    この巻では既に定番の「犯人探しゲーム」はなくなり、論理の応酬で話が進みます。定番の推理系物語に飽きた方はきっと新鮮に感じると思います。

  • 失踪した伝説の凄腕刑事の弟:「鳴海歩」が「結崎ひなの」と共に推理を展開していく。謎のブレードチルドレンの正体とは!?

  • アイズ君!!表紙!!格好良い!
    如何して初めて表紙飾ってるのにこんなに決まってるの!?(五月蠅い

  • 「ブレード・チルドレンの謎を追う」というメッセージを、主人公・鳴海歩と、その姉・まどかに残し、失踪した歩の兄・鳴海清隆。歩自身も、ある殺人事件によって、「ブレード・チルドレン」をめぐる一連の事件に首を突っ込むことになる。
    推理ものですがわかりやすい感じがいいと思いました!キャラクターも魅力的でアニメ化にもなりました!

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【城平京(しろだいら・きょう)】
奈良県出身。代表作に漫画原作『絶園のテンペスト』『スパイラル~推理の絆~』、小説『虚構推理 』『名探偵に薔薇を』『雨の日も神様と相撲を』など。

「2020年 『雨の日も神様と相撲を(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城平京の作品

ツイートする
×