鋼の錬金術師(1) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.89
  • (2393)
  • (1019)
  • (3053)
  • (23)
  • (4)
本棚登録 : 11621
レビュー : 1227
  • Amazon.co.jp ・マンガ (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757506206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再熱したのでもう一回集めていました。全巻揃えたぞー!!(20140112)
    ふと手に取って読み始めてもついつい最終巻まで読み切ってしまう。心の底から熱くなれる名作だと思います。ヒューズさんとリンが好きでした。
    あと毎巻カバー裏は必見。

  • 全27巻。

    もう何度も読んでますが、何度読んでも面白いです。

    最初に読んだときは、空っぽの鎧が弟って何事!?とビックリしたもんですが、読み進めてみれば等価交換や人間の定義に生き死にとテーマは重く、全体的にシリアスな内容。
    それを魅力あふれるキャラとテンポのいいやり取りで、うまい具合に調整してある感じ。

    錬金術を駆使したバトルシーンも、キャラの内面に触れるシーンも良くできていて、すっかりハマってしまいました。

  • 完結してからでも何度でも読み返したくなる。
    完結後に読んでも色褪せない、作画もストーリーも完成されたものだと思う。

    まだ序盤なので後半に比べて一話完結的な話運びで
    やや軽めなストーリー展開だが、その中にもリアリティのある重みがある。
    ご本人が仰るだけあって、面白いB級映画のような
    テンポのよさ、確信犯であろうフィクション部分とリアルさのバランスが非常に良く
    登場キャラクターが非常に多くなるこの物語ではあるが
    この1巻できっちり、誰が主人公であるかということが示され
    ところどころに生々しいエピソードが織り交ぜられ
    非常に魅力的。

  • まだ1巻だからなんとも言えないけど、ストーリーとか絵もどっかで見たような感じしちゃって、今のところはそんなに魅力感じてないかも・・・。でも、まだまだこれから!次読む!!

  • レンタルで全巻読了
    最終巻は泣き通しだった。

    『ありえないなんて事はありえない』


    追記
    誕生日に、主人が全巻買ってくれました!ありがとう!

  • 見どころはとても書ききれないほど。
    アルとエド以外の登場人物の大半が大人という異色さを持ちながら、
    単なる異色系マンガじゃない。
    様々な所にちりばめられていた伏線が最後にすべてつながる構成はさすがとしか・・・!
    笑顔で泣けるマンガはこれ。

  • 死んだ母親を生き返らせようとした兄弟の話。通称、ハガレン。



    二次創作で有名だが、それゆえに今まで興味なかった。荒川弘の別作品を見て悪くないマンガ家であることを知って、買ってみた。読んでみて、そんな対した作品でもないと分かったがw


    『ハガレン』『ハガレン』と言われているが、何がこの作品をここまで有名にしたのかはよく分からない。きっと二次創作好きの人達にぐっとくるものがあったのだろう。錬金術というネタの割にはあまりおもしろくない。普通のギャグマンガとして読めば楽しめるかな。


    特に批判するところも見つからないし、特に評価するところも見つからない。

  • 全27巻・全巻購入済

  • 自分がはじめて漫画の世界に本当の魅力を感じて台詞を暗記するまで呼んだ思い出の作品。
    出会えたことに感謝。
    墓まで持っていく。

  • 完結してから初めて1巻~最終巻までまとめて読みました。
    今まで読んだ漫画で一番おもしろい漫画だと思っています。
    作中に亡くなるキャラクターも結構いますが、それぞれに大切な役割があって、その死を無駄にしていない作品。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「その死を無駄にしていない作品。 」
      最初の方でヒューズが逝った時はショックでしたね。。。そのコトから、並みのマンガじゃないと思い、襟を正し...
      「その死を無駄にしていない作品。 」
      最初の方でヒューズが逝った時はショックでしたね。。。そのコトから、並みのマンガじゃないと思い、襟を正して読みました(大袈裟)。荒川弘の「銀の匙」「百姓貴族」も読む予定。。。
      2013/02/07
全1227件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(1) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする