南国少年パプワくん (1) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • エニックス
3.70
  • (118)
  • (56)
  • (235)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 596
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757506671

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あの感動をもう一度!!
    パプワくんとシンタロー……
    最高の二人にまた逢える!!
    もちろん、あの柴田ギャグも何度でも!!
    しゃべる動物に、網タイツはいた鯛!?
    そんな“ナマモノ”初体験もココにあります!!

  • これまた懐かしのパプワくん!

  • 昔魚が編みタイツを履いているアニメが好きだったな、
    という記憶のもと読んでみた。(読んだのは昔のもの)

    最前線なのではのボーイズラブや
    徹底されたギャグコメディ。
    パプワ君の男らしさと
    シンタローの優しさ、
    ちゃっぴーの可愛らしさ、
    脇役のドギツさ。
    ただのコメディなんだけどたまに泣けるじゃあないか。
    うん、いい漫画だと思う。

  • 笑って泣ける正しい少年漫画。こんなギャグで笑わせて、そんな話で泣かせるなんて!給料下げるぞ!

  • タンノくんってそういえばラプソ(※ゲーム)に出てくる魚人の先駆け…だよね。

  • 持ってるのは初期の方だけど画像がないのでこちらで。
    ナマモノとシンタローがバカやってる頃が大好きです。たまにきゅんとくる何かがある。

  • 実際に所持しているのはあの一色カラーに絵がひとつというシンプルすぎる初代の単行本の方ですが
    せっかくなのでサムネイルが綺麗なこちらで。

    柴田亜美先生自体、ドラゴンクエスト4コマの時から好きだったのですが、この作品でもっと好きになりました。
    ぶっとんだハイテンションギャグと吹き荒れる鼻血と飛び散るギャグ涙。
    ナマモノにも大いに笑わせていただきました。

    中盤からじょじょにシリアスな展開も混じり始め、最終的には感動的に終わりましたが、全体を通してとても思い出深い漫画です。

    それにしても作中の柴田先生の画力の上達ぶりはすごいです。

  • 柴田亜美にのめり込む切欠になった作品^^ギャグが…もう恐ろしいよね大好き^^*

  • 昔あまりに好きで今ほどでないけど分厚いガンガンを3年分くらい部屋に積んでたら親に怒られました。僕はクサイセリフとか嫌いじゃないです。

  • 名作。

    殺し屋集団「ガンマ団」の実力者で総帥の息子でもあるシンタローが、秘石を盗んで逃亡し、パプワ島に流れ着いたことから始まる物語。

    前半は、島のナマモノ達との交流やガンマ団から送られてくる刺客達とのバトルといったギャグテイストだが、後半からは一転、一族の愛憎、確執、業が描かれたシリアス基調に(と言ってもギャグは随所に健在ですが)。

    大の大人がみっともなくもがきながら成長していく姿は、小さい頃読んだときよりもずっとリアルに感じたりするのです。

    ちなみに恋愛要素はほぼ皆無で、登場する人間の女性は幼女1人だけです(笑)


    ・・・後半、OVAとか出ないかなあ。

全90件中 1 - 10件を表示

南国少年パプワくん (1) (ガンガンコミックス)のその他の作品

柴田亜美の作品

ツイートする