鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.57
  • (521)
  • (277)
  • (1479)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 5243
レビュー : 124
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757506992

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々に読みたくなって引っ張り出してきたので登録.かの有名な(?)「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」はこの巻で出てくる.スカーとエンヴィーも登場.後,軍の主要人物の皆さん.「雨の日は無能なんですから下がっててください大佐!」「うるせぇ!!俺みたいな一般人をおまえらデタラメ人間の万国ビックリショーに巻き込むんじゃねぇ!!」

  • 2巻目。

    物語は徐々にテンション高くスピードが上がってきました。
    ショウ・タッカー編はこの漫画が軽い少年マンガではないことをよく表してます。

    魅力溢れるキャラがたくさん出てきます。この中で何人生き残るか…。皆生き残って欲しいけど、そういう訳にはいかないんだろうな。

  • 再読ー。

  • 子供と犬のエピソードは大人の焦燥を素晴らしくエグく描いている。

  • 少年コミックかと思ってたけど、青年向けと認識。合成獣の悲しさなどトラウマになるのでは。

  • 一日一冊よいこの読書。
    いましたねー!タッカーさん。あの人はたいがいいかれてます。後味悪すぎる話だ。。スカーの男も登場しましたけど、それがまたね!後味悪くするわけですよ。ニーナが。。
    からのドクターマルコ登場!こんな早くに出てきてたんでしたっけ?と思いつつ、賢者の石の話が出たり、ラストたちがチラチラ動いてるのが見えたりで、話の大きな流れが始まってました。そんな二巻。[20121005]

  • 借り物

  • スピード感は緩い気がするけど、アツさと時折入るギャグはイイね(笑)

  • 2011/02/26
    購入につき再読。

  • スカー登場。そして軍関係の錬金術師がバンバン登場する。
    綴命の錬金術師 ショウ・タッカーの話はいつ見てもいい気分はしないな。

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(2) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする