鋼の錬金術師(3) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.57
  • (508)
  • (272)
  • (1469)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 5171
レビュー : 116
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757507913

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読。ピナコばっちゃんと幼馴染ウィンリィ初登場。ウィンリィ元気かわいい。家族の愛や絆が1話からのテーマとしてあった本作だが、今回で少し掘り下げられた。少佐も言っていたが、帰るべき場所があることは幸せだと私も思う。ただ人生は幸せだけで構成されているわけではない。賢者の石の真実を知ってしまった兄弟。錬金術の掟が等価交換であることに鑑みると納得できる。元第五研究所に忍び込んだはいいが、手負いの場面で最後には謎の女ラストとエンヴィーが登場して、さあどうなる。
    おまけページ、大佐はそれがねらいだったのか。一生ついていきます。次巻も楽しみ。

  • 鋼の錬金術師(3) (ガンガンコミックス)

  • 久々に読みたくなって引っ張り出してきたので登録.ヒロインあらわる.シェスカ凄い頭パンクしないの? あ! ヴィジョネイル? 衛星に頭脳あるの!? マリアとデニーもこの巻で出てきてたんやね,主要な登場人物は結構最初の方に出てきてたんか.賢者の石の真実.巻末の外伝で初めてキング・ブラッドレイが登場,本編より先やったんやね.

  • 2018/2 コミック4冊目(通算9冊目)。幼馴染のウィンリィ登場。アームストロング少将がツボ。外では読めないほどのおかしな笑いがこみあげてくる。話の方は、賢者の石の材料を求めて中央の図書館へ。賢者の石の材料が〇〇だと分かり落ち込むエド達。でもすぐに隠された謎があることが分かり、第五研究所の隣にあった刑務所に無断で乗り込むエド達。そこでホムンクルスたちとはじめて会う所までが話の筋。謎も本格化してきて読み応えが出てきた。次。

  • アームストロング少佐好きw イラストでは知ってたけどウィンリィはこういうポジションだったのね~。故郷でちょっとだけ和んだと思ったらまた激しい展開…続きが気になる

  •  前半の大きなヤマ、元第五研究所の潜入譚が、すでにここで語られているとは…。多くの人に助けられ、支えられながらエルリック兄弟は謎に挑んでいくが、彼らの無鉄砲さは少年マンガらしさいっぱいである。

  • 魂を練成する、その魂が本当に自分のものだとどうして言い切れる?うーん、深い!このジレンマをどう乗り越えていくのか、これからが楽しみです。アームストロング大佐が好き。

  • 故郷「リゼンブール」へ戻る途中、元国家錬金術師のドクター・マルコーと出会い、『賢者の石』に関する情報を入手したエドとアル。故郷で2人を待っていたのは、幼なじみで機械鎧整備師のウィンリィ、そしてその祖母、スゴ腕の機械鎧整備師ピナコ・ロックベルだった。ひとときの休息ののち、2人は意を新たに、ドクター・マルコーが隠した『賢者の石』の秘密を求めて、国家の中枢「セントラル」へ向かう。そこで2人が知る驚愕の真実とは!?そしてついに、エンヴィーとラストがエドの前に姿を現す!(Amazon紹介より)

  • 再読。やっと正ヒロイン・ウィンリィ登場。漫画は登場遅めです。そんなウィンリィさんが三日間徹夜で作ったオートメイル(ただしネジ1本足りない)をNo.48との派手な喧嘩でボロボロにするエド。どっちもどっちであろう。そしてアル。彼もまた試練にぶつかる。

  • 3巻目。

    物語は賢者の石の核心へ迫っていきます。
    結構重い話なのかも。
    ギャグが散りばめられているので疲れることなく軽く読めます。

  • 【内容】
    ・帰郷
    ・石研究の真実
    ・旧第五研究所

  • 第9〜12話+外伝「軍部祭り」収録。
    再読。義肢装具士のウィンリィ・ロックベル、その祖母のピナコ、本の虫シェスカ、元第五研究所の死刑囚ナンバー66(バリー・ザ・チョッパー)、ナンバー48(スライサー兄弟)登場。人体錬成後のエルリック兄弟の行動が切ない。シェスカの才能凄すぎる。彼女の助けもあり暗号を解けたものの、賢者の石の材料に愕然とするエドワードたち。その情報に屈せず行動し、スライサーたちから新たな情報を得ようとするが上手くいかず。賢者の石に辿り着くの大変だな。キング・ブラッドレイ初登場がまさか外伝だとは。

  • 黒幕の方がうわて。

  • エドの機械鎧修理。
    中央での「賢者の石」秘密検索。
    で、秘密を守らされている番人。

    ちょっとミステリアスな展開。

  • 2014 6/29読了。立川まんがぱーくで読んだ。
    1-12巻まで一気読み。感想は最後にまとめて。

  • 再読ー。

  • 面白いわー!!アクションが「動」だとしたら、アクションじゃない部分が「静」というのも単純な見方かもしれないけど、このバランスがすごく良い!必殺技を叫ぶような描写がなしでバトルに決着着く感じも流れがスムーズでセンス良い!

  • エドたちにとって家族同然のピナコとウィンリィと過ごす安らかな一時から一変。
    賢者の石の驚愕の真実が明らかになる第3巻。

    近づけば遠ざかるゴール。暗躍していたウロボロスの女たちがエドの前に姿を現し、アルは殺人鬼の成れの果てから、魂の不確かさを突きつけられることに…。

    二人に次々降りかかる困難を辛く感じながらも、ギャグシーンが本当に救い。それにしても兄弟を子供扱いするアームストロング少佐はいい人過ぎる…

  • いやーなんだかんだ言って愛を感じる作品 うまく言えないけど。
    シェスカGJ!こんなひとは重宝されますね
    まさかアルみたいなことが軍主導でおこなわれていたなんて驚いたわー
    なんか人間ってかんじがするね
    敵よりはよっぽど行動原理の意味がわかる

  • シェスカがタイプ過ぎる。

  • 賢者の石の材料が判明し、ホムンクルス
    や鎧人間と邂逅する。不思議とアニメより展開が早いように感じる。
    賢者の石は作品によって善悪が異なる。おそらく人によっても善悪のイメージが異なるだろう。ハリーポッターでは悪だった筈だが、ドラクエや東方では善だった。ただ生きた人間が材料という設定は類を見ない。
    アルはバリーに精神攻撃をしかける。自身の存在の不確定さは鎧人間故に確かめようのないものだろう。しかし14歳に精神攻撃しかける大人って。

  • 荒川弘の"鋼の錬金術師"の第3巻。ウィンリィが登場。故郷に帰り歳相応の姿に戻った二人の姿を見ながら、そんな日常がずっと続けば良いのにと思いました。しかし、中央へ戻った二人が手に入れた探し求めていた賢者の石の秘密には愕然。この仕打はひどすぎる。ホテルの部屋でエドの言っていた言葉が痛い。ナンバー66の言葉が誘発したアルの不安がこれからどうなっていくか目が離せない。本編の内容が重いので、外伝のようなはじけた内容はホッとします。

  • 借り物

  • 実家保管


    第9話 家族の待つ家
     リゼンブールで機械鎧の整備。エドの芯の強さが強調される巻。

    第10話 賢者の石
     ウロボロス組によって国立中央図書館全焼。本の虫ことシェスカの活躍でマルコーの研究書が復元される。こんな能力あればな~そしたら趣味を仕事に出来るのにな~なんて考えたわ(笑)「悪魔の研究」賢者の石の材料は生きた人間だと判明。

    第11話 二人の守護者
     「真実の奥の更なる真実」に向け元第五研究所に向かうエルリック兄弟。

    第12話 「人間」の定理
     ナンバー66と48との戦闘で、魂だけの存在を人間と見るエドと偽りの記憶ではないかと疑念を持ったアルの想いのすれ違いが切ない。

    第13話 軍部祭り
     ロイのターンwwwヒューズがいい味出してます。

  • 2011/02/26
    購入につき再読。

  • 巻末に受けた^^
    アニメに出てこなかった部分もあるので、アニメ見たから…という人も是非読んでください。

  • ・エド・アル、帰郷
    ・賢者の石の秘密を知る
    ・第五研究所でバトル

    リゼンブールでの話が好きです。
    あと、カバー下も…妙に似合っている(笑)

  • ウィンリィ初登場巻。
    外伝のエドとマスタングの対決は見ものw

全116件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(3) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

鋼の錬金術師(3) (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする