鋼の錬金術師(5) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.57
  • (502)
  • (258)
  • (1439)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 5044
レビュー : 105
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757509665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  『師匠』と呼ばれるイズミ・カーティスに、ぽつぽと語り始めるエドとアル。二人の過去が明らかになっていく。
    「どうしてこうなったのだろう」
     人間は、みんな、後悔するのが遅いいきもの。でも、後悔とは、なったあとでないと、できないもの。

  • イズミ師匠登場。男前だなあ。そして兄弟のこれまでが明かされていく。鎧のアルも可愛いけど、鎧になる前も可愛い!無人島の怪物の正体は?先が気になる!

  • 2014 6/29読了。立川まんがぱーくで読んだ。
    1-12巻まで一気読み。感想は最後にまとめて。

  • 本編以外の楽しみが、おまけと作者の一言と、
    カバーをとった中の表紙類。
    『取扱注意  誤って目に入った場合はすみやかに全巻ご購入ください。』
    が非常に好きだった。(笑)

    今までエドにとっての、自分が罪を犯した結果としての機械鎧が
    生きる希望を与えてくれたものとして描かれ、
    ウィンリィもクローズアップされて彼女の転機となる巻。

    銀時計から徐々に兄弟の過去が明かされ、
    遂に回想に突入。

    アニメを先に見たので、イズミさんが大好きな津田匡子さんが声だったのもあり
    非常に好きで、遂に登場で嬉しい。
    通りすがりの主婦、という名乗りも名言だなと思う。

  • 軍靴にガビョウが入っているのが好き♪

  • 巻末最高ww

  • 『にわか景気の谷』

    『誠意の価値』

    『あんた達のかわり』

    『師匠の恐怖』

    『二人だけの秘密』

  • 本当に感謝してるんなら スリなんてやめなさい!
    何があった 全て話せ

  • うぃんりぃ可愛い。

    でもやっぱりエドアルだなあ・・・

  • 鋼に出てくる女性陣は皆たくましくって魅力的。

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(5) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする