鋼の錬金術師(5) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.57
  • (502)
  • (258)
  • (1439)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 5033
レビュー : 105
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757509665

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読。ウィンリィはラッシュバレーで修行を始める。兄弟は師匠に会いにダブリスへ行く。大人が子供に寄り添い希望を与える場合もあれば、自分の都合で子供の未来を奪ってしまう場合もある。子供にとって、こればかりは運としか言いようがないのだと思わされる。だが同時に、逆境に負けず目的に向かって邁進するとき、その人間が放つ力は絶大である。これは子供に限った話ではない。そもそも人間が生まれることが、エドにより『すげー』ことであると評されていたのだから、その先自分の力で生きるようになることも、それ以上に『すげー』ことであって然るべきではないか。ここから先は、目標を定めてそこへ向かうことの大変さや偉大さを読むことになりそうだ。次巻も楽しみ。

  • エルリック兄弟の師匠・イズミ登場巻。
    ラッシュバレー編。
    新しい命が生まれたのをエルリック兄弟がいたく感動していた。

  • 序盤は機械鎧技師の聖地、ラッシュバレーのストーリー。
    ラッシュバレー編はイマイチ。
    後半からイズミが登場。いろいろと伏線が敷かれてて面白い。

  •  『師匠』と呼ばれるイズミ・カーティスに、ぽつぽと語り始めるエドとアル。二人の過去が明らかになっていく。
    「どうしてこうなったのだろう」
     人間は、みんな、後悔するのが遅いいきもの。でも、後悔とは、なったあとでないと、できないもの。

  • エドワードとアルフォンスの兄弟は母を取り戻すために行った人体錬成の代償として失われたものを求め、旅を続ける……話の第5巻。

    生命誕生を理解する兄弟と師匠登場の第5巻?
    まぁ、あくまで理解だろうなぁと思うんだけれども。いまいち甘いエドなんか特に。
    ところで、リゼンブールの女豹時代のピナコばっちゃんの話が読みたいのは自分だけだろーか。。。

  • 鋼の錬金術師(5) (ガンガンコミックス)

  • 機械鎧の街ラッシュバレー。
    街の景観に憧れる。ここで修行してみたいもんだ。

  • エドとアル、弟子入り。出産のシーンは下手だけど、この文脈、テーマのもとでは感動する。

  • 久々に読みたくなって引っ張り出してきたので登録.ウィンリィ弟子になる,エドアル師匠に会いに行く.

  • 2018/3コミック2冊目(通算11冊目)。幼馴染ウインリィが合流。エドの銀時計が盗まれたのをきっかけに、オートメイルの技師ドミニクらと知り合う。そこで子供の出産に立ち会うエド達。その後エド達は師匠のイズミの下へという話の筋。エド達がどうやって錬金術を知り、深く究めようと思い立ったいきさつが明かされる。各々のエピソードで繰り広げられる笑いが出るほどのギャグパートと錬金術などに関わる謎の部分、敵とのバトル(この巻ではあまり無いが)シーンが適度に絡まっていて面白い。次。

  • 出産の話は感動的だな~。女の人はたった280日で~って台詞が出てきたけど、その280日がどれだけ大変な時間かとしみじみ思うわ。そして遂に師匠出てきた~!師匠も色んな事情を背負ってそうで悲しい。ようやく過去話が出て来てわくわくです。

  •  鬼=愛師匠の登場。そして、それに先立つ出産立会い。人の命を生み出すものは母親、すなわち人間存在なのだ。この事実に気づくことは、今後の展開に間違いなく関わってくるだろう。エルリック兄弟が生み出そうとしているのも人間の命なのだから。

  • イズミ師匠登場。男前だなあ。そして兄弟のこれまでが明かされていく。鎧のアルも可愛いけど、鎧になる前も可愛い!無人島の怪物の正体は?先が気になる!

  • 『賢者の石』の秘密を知り、元の身体に戻る別の方法を探すエルリック兄弟。人体錬成のナゾを解くため、2人の錬金術の師匠を訪ねることを決意し、ウィンリィとともに再び列車の旅へ。その途中立ち寄ったラッシュバレーは、「機械鎧技師の聖地」と呼ばれる新興の街。自身も機械鎧技師であるウィンリィは、見るもの聞くものすべてに興味津々だった。そんな中、エドの機械鎧に興味を持った群集たちが彼を取り囲む。やがて騒動が治まったときには、「国家錬金術師の証」である銀時計が盗み去られていた!(Amazon紹介より)

  • 5巻目。

    舞台は機械鎧の街を経て、師匠と再開、過去への回想シーンと続きます。物語的には脇に逸れた感じです。

  • 【内容】
    ・出産
    ・師匠の元へ
    ・弟子入りの頃

  • 第17〜21話収録。
    再読。機械鎧の町・ラッシュバレーと、師匠のイズミとの出会い編開始の巻。命の誕生を目にするエドたち、いい経験をしたね。特にウィンリィは凄いわ〜、もっと真剣に医学を学んだらお医者さんにもなれるかも。銀時計に隠されたものは切なかった。そしてイズミたち登場、イズミと旦那さんのシグは相変わらずアツアツで(笑)出会い編では、エドが人体錬成したいと言い出す場面があり、胸が苦しくなった。そしてイズミによる修行が始まったが、どう考えても内容おかしいでしょwwwよく耐えたなあ……。

  • エルとアドの師匠イズミ。
    二人が恐れるその存在がすごく気になる。

    「賢者の石」と、エルたちの父。
    やっぱりというか、どこかで繋がっているんだろうな。

  • 2014 6/29読了。立川まんがぱーくで読んだ。
    1-12巻まで一気読み。感想は最後にまとめて。

  • 師匠登場

  • 再読ー。

  • 本編以外の楽しみが、おまけと作者の一言と、
    カバーをとった中の表紙類。
    『取扱注意  誤って目に入った場合はすみやかに全巻ご購入ください。』
    が非常に好きだった。(笑)

    今までエドにとっての、自分が罪を犯した結果としての機械鎧が
    生きる希望を与えてくれたものとして描かれ、
    ウィンリィもクローズアップされて彼女の転機となる巻。

    銀時計から徐々に兄弟の過去が明かされ、
    遂に回想に突入。

    アニメを先に見たので、イズミさんが大好きな津田匡子さんが声だったのもあり
    非常に好きで、遂に登場で嬉しい。
    通りすがりの主婦、という名乗りも名言だなと思う。

  • ドミニクと師匠のエピソードはありがちといえばありがちだけども、良い話だったなー!

  • ラッシュバレーにて出産に立ち会い「命が生まれてくること」の凄さを体感した兄弟。
    国家錬金術師の金時計に隠されたエドの決意を知ったウィンリィも、もっと兄弟を支えられるように機械鎧技師としての技術を上げるべく修行を始める事に。

    エドとウィンリィの金時計に関するやりとりに涙。
    ウィンリィが自分の決意をエドに告げ、エドもただ一言「がんばれ」と言うところが、二人の間にある絆を感じられて好きです。

    後半は、兄弟の師匠・イズミが登場。そして、兄弟の過去が明かされ始める。次巻も早く読みたい。

  • いやー奥行きの感じられる物語ですねぇ
    アルエドの父があんなだから、よりタッカーのキメラが許せなかったのかな
    いや許す必要ないけど
    師匠は病弱なのに強いのねー

  • 軍靴にガビョウが入っているのが好き♪

  • 伏線がだいぶ増えてきた。イズミの病気もいつその日が来るのかと辛い。

  • エドとアルが出産に立ち会ったり師匠と再会したり。命に迫るシーンが多い。
    出産と人体錬成。自然と人工。生まれ落ちることと生き返ること。決定的に越えられぬ深い溝が相対する二つにはある。
    最先端医療では欠損した指さえ元に戻せるという。治療が蘇生に進化する時、社会と倫理はどう変わるのか。命の価値は、どう見定めるべきなのか。

  • 荒川弘の"鋼の錬金術師"第5巻。機械鎧の聖地ラッシュバレーで出産に立会い、あらためて生命の神秘について考える二人。またエドの銀時計に刻まれた決意を見て、ウィンリィも新たな決心をする。エド、アルは師匠のもとを訪れ、今までの出来事を説明する。そして、二人が修行をしていた過去編に突入。この巻は、女性の逞しさや強さが全面に出てきてる巻でした。そうそう、ドミニクさんが恐れるピナコの過去に何があったのかとても気になります。

全105件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(5) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

鋼の錬金術師(5) (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする