鋼の錬金術師(6) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.58
  • (509)
  • (239)
  • (1396)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 4889
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757510470

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しかし兄の愛情や兄弟愛が歪み始めたのはここからではないだろうか。

  • 少年マンガとは思えない程の暗くて重いテーマで、読み終わっても爽快感とは無縁の本ですが……好きですねぇ(^^;

  • ハボ、マスタングと共に運命の中央へ!

  • 無人島での戦い。でなく修行。

  • イズミさん・・・あなた立派な「母」だよ。師匠というより母。研いだ包丁投げるとことか(違)

  • 焔の錬金術師付きですよ♪

  • 初回限定『焔の錬金術師』を予約したんですが、本屋のうっかりミスでゲットならず…になるところでした。危ない危ない。その後急いで他の本屋に買いに行きましたよ。間に合ってよかった〜。面白かったです!

  • 過去回想がベース。若い頃の中尉が素敵!師匠のスパルタ教育もベリグッ☆エルリック兄弟は本当にすごい人生を歩んできたんだな…と実感!

  • アニメ放送を見ていただけだったが、臨時収入により、1〜6巻を一気に購入。
    買ってよかったと思う一品です。

  • 【ストーリー】
    過去の術で犠牲を負いながら錬金術への覚悟を固めた兄弟、エドとアルの旅の話。元の体を取り戻すため、彼らが捜し求めるのは術法増幅器といわれる賢者の石。だがその全貌は謎に包まれている。探れば探るほどに、国家をも巻き込む陰謀の魔手に引き寄せられていく・・・。
    収録内容は、
    6巻「仮面の男」「叩け 天国の扉」「鋼の錬金術師」「師弟のけじめ」
    (島でのサバイバル、エド・アルの今に至るまでの日々、の話)

    【感想】
    DVDを少し見て惹かれたのでコミックスを集めました。2巻と6巻で特に強く深くはまった感じです。テンポが良くて絵が綺麗。すごく読みやすくて、読み応えのある作品で、久々に自分の趣味にヒットしました。私の大好きな重いシリアスなテーマ×軽くてノリの良いギャグ、それらにもう釘付けです。独創的なストーリー展開から目が離せません。キャラクターもとても魅力的です・・・v

全115件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(6) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする