鋼の錬金術師(7) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • エニックス
3.58
  • (459)
  • (244)
  • (1288)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 4615
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757511651

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回もイズミさん大暴れっ♪次巻でエドはちゃんと晩ごはんまでに帰れるのだろうか?

  • この辺から今までの伏線が暴かれ始めます。と同時に新たな伏線も敷かれたり(笑)目が離せませんよ!

  • ミギャーーー!!!!早く次巻が読みたいと地団駄しました。大総統は絶対に何かあると思っていたけどね!!みたいな感じ。最後が衝撃的。

  • 【ストーリー】
    過去の術で犠牲を負いながら錬金術への覚悟を固めた兄弟、エドとアルの旅の話。元の体を取り戻すため、彼らが捜し求めるのは術法増幅器といわれる賢者の石。だがその全貌は謎に包まれている。探れば探るほどに、国家をも巻き込む陰謀の魔手に引き寄せられていく・・・。
    収録内容は、
    7巻「主の元へ」「ダブリスの獣たち」「匹夫の勇」「王の眼」「外伝 戦う 少尉さん」
    (捕らわれたアル、人造人間たちと軍の戦い、の話)

    【感想】
    DVDを少し見て惹かれたのでコミックスを集めました。2巻と6巻で特に強く深くはまった感じです。テンポが良くて絵が綺麗。すごく読みやすくて、読み応えのある作品で、久々に自分の趣味にヒットしました。私の大好きな重いシリアスなテーマ×軽くてノリの良いギャグ、それらにもう釘付けです。独創的なストーリー展開から目が離せません。キャラクターもとても魅力的です・・・v

  • 人体練成と賢者の石についてを師匠に尋ねるために、ダブリスの地を訪れているエドとアル。しかしうっかり忘れていたことがあったためエドは慌てて最寄の軍、南方司令部へと向かう。一方のアルはお留守番だったが、怪しげな手紙で呼び出された…!<br><br>
     グリードさんは結構好きだなあ。<br>
    アルの単品での活躍に胸をときめかせたのですが、その後、兄さんの男前な発言に、兄さんかっこいい…!と私の気持ちがエド氏に流れてしまった…。ごめんよ、アル…。

  • 新たに敵も加わって、それぞれの戦いがメインの7巻。
    「ウロボスの印を持つ者」編。
    外伝に少佐の妹編。(笑)
    少佐に姉上とかもいるらしいが見てみたい…

  • 非常に漢前な大総統はいつか…してくれると予想、いや期待したい第七巻。

  • 非常に漢前な大総統はいつか…してくれると予想、いや期待したい第七巻。

  • 鋼の錬金術師 7巻。

  • この作品の根底になる不思議なむなしさと切なさはなんなのだろう。
    皆が羨む巨大な力を持ってさえ、自分の犯した罪は決して消えないということかもしれない。

全95件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(7) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする