鋼の錬金術師(7) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • エニックス
3.58
  • (458)
  • (244)
  • (1289)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 4616
レビュー : 95
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757511651

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読。サングラスの男の名はグリード。不死を手に入れるべくアルを誘拐し、エドを根城に呼びよせる。アルの魂の秘密を吐かせようとするも交渉は決裂、戦闘になる。そしてエドの後をついてきた、大総統をはじめとする軍の部隊が突入し乱戦となる。大総統の左目にウロボロスと六芒星が。ということは…?ならば、同じであるはずのグリードとなぜ戦っているのだろうか。人が人と戦うように、立場のみが判断基準なのかもしれない。
    兄さんが死んだことにされちゃったのは笑った。主人公は死んだことにされがちな気がする。ハボック少尉は不憫。いい女を見つけて幸せになって下さい。次巻も楽しみ。

  • 2018/3コミック4冊目(通算13冊目)。グリードたちとの接触、戦いが主な話の筋。ブラッドレイ大総統圧倒的な強さ。でもこの人にも何か秘密がありそうな予感。イズミがアルがさらわれたアジトに乗り込んだ時誰か聞かれ「主婦だぁ~!」という名乗りにはオーッと思った。次。

  • 大総統チートすぎる。

  • アルが人質に。エド奪還に。総統強すぎるだろ。

  • 久々に読みたくなって引っ張り出してきたので登録.グリードの登場.2人「ジャマするぜぇ〜」スカー「ジャマするなら帰って」2人「はーい……てなんでやねん!」キング・ブラッドレイこの段階ではただのええ加減なおっさんである……がめっさ強い,そして眼には!?

  • 師匠かっこいい!好き!!大総統あんなに強かったのね…

  • アルの誘拐からグリード登場。国家錬金術師の査定で、ブラッドレイ登場。そのままグリード襲撃で、圧倒的な戦闘力。アルが大苦戦したグリードを圧倒しブラッドレイの瞳にウロボロスの印がでて次巻へ

  •  ホムンクルス軍団、そして、それに従わされている?キメラ軍団、血の魂錬成軍団が、表舞台に出てくる。謎と強さ。バトルマンガの王道ともいうべき敵方要素だが、謎の部分の配分がイイ感じで、敵の魅力を相当増すことに寄与。

  • 大総統が一番怖い。誰が敵なのか分からなくなってきた。

  • 「おまえの秘密を知っている」。ある日メッセージを受け取ったアルは、それを送りつけた者の正体を探るため、単身、工場跡地へ乗り込む。そこで待っていたのは、人ならざる能力を持つナゾの集団。彼らの正体は、軍の研究機関によってヘビや犬と合成された《合成獣》だった!さらに、集団を率いるグリードは、みずからを《ホムンクルス》と告げ、不死に近い生命力を示す。弟の危機を知ったエドは!?ついに人知を超えた戦いの幕が切って落とされる!(Amazon紹介より)

  • 7巻目。

    グリード戦です。
    グリードの目的である魂の錬成方法を知るというのがよく分かりません。それを知って何をしようとしたのか。ただ単に知りたかっただけなのか。大総統が皆殺しにする理由もよく分かんない。ただ第三勢力のキャラが出てくると物語に厚みが出てきますね。

  • 【内容】
    ・アルの誘拐と大総統による殲滅

  • 第26〜29話+外伝「戦う少尉さん」収録。
    再読。人造人間のグリードと仲間の合成獣登場。グリードのビジュアル、性格がとても好き!何もかも欲しくなる強欲、最高っ(笑)仲間も含め裏社会に生きねばならない事情が哀しい……。でも勘違いしてアルを励ます場面とか見ると、良い人たちだと思った(笑)だからこそ、キング・ブラッドレイ大統領にあっさりやられるのがつらい。他にも、26話のスカーと師父のやり取りや、イズミの名言「主婦だッ!!!!」など見所満載の巻でした。外伝のジャン・ハボック少尉に同情。突然変異って恐ろしいですね。

  • アルに迫るウロボロスの紋章をつけた、キメラたち。

    スピード感ある戦闘シーンが多い中で、師匠とのやりとりがとても楽しめる。

    大総統の底知れる実力、思惑が不気味で仕方ない・・・

  • 2014 6/29読了。立川まんがぱーくで読んだ。
    1-12巻まで一気読み。感想は最後にまとめて。

  • 主婦だ!

  • 再読ー。

  • デビルズネストの面々が、初めはただの悪役かと思いきや
    魅力的なキャラクターで良い。
    バトルシーンがテンポもよく、迫力ある絵柄で
    読んでいてどきどきする。

    ブラッドレイの目についても明かされ、先が気になる巻。

    カバーをめくった表紙のネタも相変わらず面白い。

  • 何回読んでもエドの査定云々のコマが笑える

  • シリアスな展開になっても良さそうなところで、ギャグ入れつつ、そこそこライトに展開するあたり良いなー!エドがキレるところも良かった!昼寝してから次いっちゃう!

全95件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(7) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

鋼の錬金術師(7) (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする