スパイラル―推理の絆 (13) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.33
  • (48)
  • (34)
  • (285)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 836
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757513662

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カノン…!アイズの心情を思うともう…
    髪結んだアイズいいよね…うん…

  • カノン死す!って、死にたいという思いが神でなくて悪魔に通じたとは思いたくないけど、これがどうエンディングに絡んでくるのか重要な死であることは間違いないんだろうなぁ。

  • 絵がとても綺麗です。でも、表紙のアイズ様に見とれてる場合じゃなかった(苦笑)

  • もちろん泣きましたとも。

  • ファンタジー要素の強いミステリー漫画。主人公の「論理の旋律は真実を奏でる」という決め台詞を始め、登場人物のカッコ良さから腐女子に人気の高い。
    カノンとの対決後、しばらく、歩と火澄のお互い腹の中の探り合いだったが<ある出来事>を気に完全に二人の衝突は避けられぬ運命へと向かう。
     歩が疑う自分と火澄の出生。そして、DNA検査の結果。
    物語のクライマックスは近い。

  • 失踪した伝説の凄腕刑事の弟:「鳴海歩」が「結崎ひなの」と共に推理を展開していく。謎のブレードチルドレンの正体とは!?

  • 副題が本当に意味があるのか?、なにがスパイラルなんだ?とか気にしちゃだめです。
    個人的にはキャラが好き。
    すでに推理なんて関係ないですから〜〜〜っ(ぇ

  • ラストに向けて物語が動いてきました。今までダラダラ続いてきた感が・・・。どうもこの物語はファンタジー(?)だったらしいのにはう〜ん。。。

  • ひよのちん、最強!!
    愛は勝つのだ!!

  • この前でた最新刊。そろそろラストが近い。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【城平京(しろだいら・きょう)】
奈良県出身。代表作に漫画原作『絶園のテンペスト』『スパイラル~推理の絆~』、小説『虚構推理 』『名探偵に薔薇を』『雨の日も神様と相撲を』など。

「2020年 『雨の日も神様と相撲を(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城平京の作品

ツイートする
×