鋼の錬金術師 (10) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス (2005年3月11日発売)
3.59
  • (520)
  • (270)
  • (1392)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 4977
レビュー : 128
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757513860

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読。絶望する中尉からの大佐の登場は熱い展開だった。アルが自分の意思を中尉に叫ぶシーンも良かった。今までエドや家族の前でしか言ってこなかった、誰かを守るために戦いたいという動機は、勝機を掴む為の大いなる一要素たり得る。大佐もそれに触発された面もあったのだろうと推測できる。
    魂とその容れ物が起こす拒絶反応の恐れを知るアル。のんびりしてはいられない。
    一方エドはクセルクセス遺跡に寄り、ある人物と会う…!このときばかりは少佐に同調した。マスタング大佐には無限の信頼を置きたい。エドさんのキメのシーン、セリフはいいが、その口調が少し気になった。CV.朴璐美での脳内再生は余裕なのだけれど。イシュヴァールの人間たちとの複雑な関係は物語を盛り上げてくれそうだ。
    ホーエンハイムさん(の実体)が初登場。エドとの邂逅を果たし何を語るのか。次巻も楽しみ。

  • 鋼の錬金術師 (10) (ガンガンコミックス)

  • 込み上げるものがあった。生きていた。

  • 2018/5 コミック3冊目(通算16冊目)。アルはホムンクルスとの戦いへ、エドはリゼンプールへ。ラストと戦うアルのせりふが印象的。ラストは意外な形で早々の退場。あっけないなと思う(最初のアニメ版では結構活躍していた印象があるので)。リゼンプールにいったエドはロス少尉と再会、その後立ち寄ったピナコの家で思わぬ人物と再会する。この後どうなるのか?。次。

  • 久々に読みたくなって引っ張り出してきたので登録.マスタングファミリー,グリードに初遭遇.あああ,ハボックが!? ブラッドレイの不自然な訪問.「扉を開けさせてみせましょう」,「ピナコ,俺の家がない」この間抜面.囚人ナンバーのブレスレットでっち上げ死体を焼いてから付けたらおかしくないですかね? 9巻では焼いた時点で付けてたけど.

  • 大佐やっぱり良い人だった~!ロス少尉~!!ようやくお父さんも出てきて、また話が一気に進みそう。

  •  ついにエルリック兄弟の父ホーエンハイムが登場。あいつに似ていて胡散臭いんだよなぁ。そして、バトルマンガらしさを見せつつ、ラスト退場??、なんだよね。

  • バリーの最後、ラストの最後・・・。ロスは死んでなくてよかった! ホーエンハイム怖いわー。

  • バリー・ザ・チョッパーを追って第三研究所へ向かうロイたち一行。そこにはウロボロスの入れ墨を持つホムンクルスのラストが待ち受けていた!一方、エンヴィー、グラトニーと交戦するリンもまた苦戦を強いられていた。驚異の再生能力を誇るホムンクルスを前に活路を見出すことができるのか!?(Amazon紹介より)

  • 10巻目。

    ラスト戦が終わりました。
    大佐かっこ良いです。焔がいいね。強いです。
    物語は父親登場でテンション上がってきました。この辺からテンションが上がってきてハマります。

全128件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師 (10) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

鋼の錬金術師 (10) (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする