東京アンダーグラウンド(14) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス (2005年6月22日発売)
3.16
  • (3)
  • (12)
  • (66)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757514294

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ついにルリのもとへたどりつき、たちはだかる華秦と最後の決戦に挑む留美奈。しかし復活した龍は暴走し、地上へと向かっていた…。感動の最終巻登場!!

  • けっこう爽やかな終わり方だったかな。

    でも、結局、ルリがでてきて、留美奈が元気に復活するのなら、華秦とそんなに変わらないのでは……という気もします。

    まあ、彼みたいに暴走するのではなく、惚けるという選択の違いはあったのですが……。

    本来は、自分を取り戻して1歩進み出たところで、ルリが帰ってくるという展開が正しい気がします。

  • 完結ー。
    昔から買っていたので凄く思い入れのある作品です。長かったようで短かったなぁと。

  • チェルシーがすごくカッコ良い…!戦う女の子って良いですよね!(何)最終的にルミナは誰とくっつくんだろう…。

  • 最後まで書ききってくれてよかった。チェルシーの立場って…。

  • こてんぱんにやられておきながら「実は本気じゃない」が繰り返された。結果、登場人物が多くなりすぎている。話も強引に終わらせた感がある。しかし、絵も変わりまくりながら14巻まで完結させたのは凄い。アニメ・ラジオ・CD化までされて大人気だったこのシリーズ、お疲れ様でした。

全6件中 1 - 6件を表示

有楽彰展の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×