ダズハント (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.56
  • (30)
  • (23)
  • (84)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 249
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757514478

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い。
    こう言うタイプのは引き延ばすとだれるので、ちょうどいい長さ。

  • 興奮するほどではないけど面白かった。
    多重夢、直人のページの絵にぞっとした。

  • ゲーム好きにおすすめ、GPS、ゲーム、携帯、狩り、犯罪なんかを連想できる内容です、これでビビッときたひとは是非!しかもラストはなかなかいいオチ。著者の作品は単発が多いのでコストやら時間やらの面からもおすすめ。これも一巻で終了。

  • 犯罪者はまた犯罪を犯す。ってどうだろう。ゲームを餌に復讐。終わり方がなかなかいい。

  • マンホールを読んで作者のマンガが気になり購入。
    終わりの見えないSFマンガGANTZを
    1巻でうまくまとめたような内容。

    街中で定期的に金を奪い合うミッションが与えられる。
    奪うためなら何をやっても自由。
    普通のゲームに飽き足らなくなった主人公は
    そんな奴らが集まる一攫千金のゲームに参加する…
    その真相は!

  • 筒井哲也

  • 現代の街を舞台にした暴力ゲーム。
    作中、「これはいくらなんでも…」というシーンが何度も出てくるが(倫理感ではなく理屈として)、基本となる部分がブレないので不思議とあまり気にせず読める。
    痛快な作品。

    同じく収録された短編も、表現が凝っていて面白い。少なくとも2度は読み返せる。

  • WEB漫画で読ませて頂いて手元にも欲しかったので買ってしまいましたw
    題材のアイデアから描写まで凄いと思いました。

  • リアルサバゲー。
    話の構成は面白かった。
    毎回あれだけ大金の賞金が動くとなると、
    調べようと思えば参加者に主催者が割れそうな気もする。
    そんなことしようと思う参加者はいないか。
    巻末の多重夢は、短いが読み応え十分。

  • WEBコミックとして公開。
    ケータイを使ったDUDS-HUNTという賞金稼ぎゲームの話。
    この作者、「リセット」を初めて読んだときは。正直、うーーん…、だったけど。
    リアリティがありながらもオリジナリティに溢れる状況設定はなかなか、秀逸。
    予想はつきながらも、ちゃんとどんでん返し的なオチもついているので、ほどほどに楽しめました。

    http://www.pn221.com/

全21件中 1 - 10件を表示

筒井哲也の作品

ダズハント (ヤングガンガンコミックス)に関連するまとめ

ツイートする