Ubel Blatt 0 (ヤングガンガンコミックス)

  • スクウェア・エニックス
3.61
  • (27)
  • (27)
  • (69)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 320
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757514799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ダークファンタジー。

    展開が早いので楽しい。やはり男は惨殺、女は強姦は基本。

  • 黒い剣が唸る時、立ちはだかるものは全て粉砕される…!
    壮大なる剣技を持つ、謎の少年ケインツェルの目的とは?
    七英雄に討たれたはずの"裏切りの槍"との戦い
    その果てに明かされる驚愕の真実。

    壮大なスケールで描く、ファンタジー巨編。


    ヤンガン創刊時読んでいましたけど、この作品がこんな長く続いているとは思いもしなかった。殺された恨みを晴らす復讐ダークファンタジーといったところです。
    個人としては、エロシーンが話を重厚さを少しだけ損なっている気がします。

  • 同著者の、他の作品をいくつか
    (ブロッケンブラッド、セレスティアルクローズ、
    ブルームドインアクション、ネコサスシックス、
    エクストライグジステンス、など)
    読んでいたので、
    この作品も、女装子萌え系だと思った。

    ところが、
    エッチ系描写はあるものの、基本、
    まじめなファンタジー戦闘伝記物でした。
    萌え感や、ゆるいギャグは、ほぼ無いです。

    なので、女装子萌えを期待しているとがっかりなのですが、
    自分的には、充分良作。
    ただ、ライト感覚では読めないので、そこは注意。

    塩野さんの絵が好きで、塩野さんの描く真面目な作品って、
    どんなの?と、興味を持てる方にオススメ。

  • 「裏切られた英雄」
     その一言に集約されるこの物語は、ヤングガンガン創刊時より高い評価を得ていましたが(2012年現在。ビッグガンガンにて連載中)、こうして単行本としてみてみると、やはりその面白さや凄さが伝わってきます。
     とはいえ、この辺りでは「少年向け」というより「青年向け」で、ちょっとエッチな場面もあったりするのは愛嬌(?)として、ファンタジー好きの自分としてはとにかく「大満足」な一冊。ぜひ読んで欲しい作品です。

  • 作品の作りが凝っていて初めてファンタジーを読むひとにもサラサラと読めるかも。

  • 七英雄に討たれたはずの、裏切りの槍が突如起こした乱。その前に立ち塞がったのは黒い剣を操る少年だった…!ガンガンYG掲載の黒翼剣軍編と少年アシェリートの活躍を描く外伝を収録。

    (出版社 / 著者からの内容紹介引用)

  • 復讐劇。
    英雄になった悪を裏切り者とされた英雄が復讐する様がいい!
    面白いです!

  • 実際には王命を全うしながらも、手柄を横取りされた上に裏切り者として殺された4人の英雄達。
    その生き残りであるケインツェルの復讐劇。

    連載途中に外伝として0巻が出るのはよく聞く事ですけど、最初から0巻が出るって言うのは珍しいんじゃないでしょうか。

  •  ダークファンタジー。
     復讐劇。

     あぁ、これがそうなんだ…と思った。

     信じていた仲間に裏切られ、名声を奪われ八つ裂きにされた主人公が、恨みをはらすべく、かつての仲間の復讐を誓い旅立つ。
     だからといって重々しくなく、すんなり読むことの出来る作品。
     この人の展開の早さが好きです。
     まどろっこしぃなぁ…と思うことなく、突き進んで行く主人公を私は応援する。

  • 究極の反逆ストーリー。
    敵は正義。敵は英雄。そして僕は彼らを殺す逆賊。

    最初から主人公・ケインツェルの立場が逆境すぎます
    ですがそれをものともしない強さと、魅力が彼にありあます
    彼が幸せに生きていたら、という想像ばかりしてしまうお話です
    見ごたえありのファンタジーアクション!

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年9月16日長野県生まれ。
2001年のデビュー以降、シリアスなSFから異色ギャグ 漫画まで、様々な作品を描き続け、幅広い読者の支持を得る。
代表作は『ユーベルブラット』、『セレスティアルクローズ』、『ブロッケンブラッ ド』など多数。

「2018年 『雑な学舎(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塩野干支郎次の作品

ツイートする