鋼の錬金術師(11) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス (2005年7月22日発売)
3.60
  • (489)
  • (270)
  • (1282)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 4811
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757514966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【内容】
    ・錬成した人体の正体
    ・アルの身体の可能性
    ・人造人間釣り

  • エルとアドの父・ホーエン・ハイムが黒幕?
    きっとそんな簡単な構図ではないだろう・・・

    エルたちが練成したものって一体何なのか?
    アルを取り戻せるといった自信は何なのか?

    「一人の夜はいやだ」と、流れるハズのない涙に心打たれる。

  • 2014 6/29読了。立川まんがぱーくで読んだ。
    1-12巻まで一気読み。感想は最後にまとめて。

  • なんか、物語の始まりを根底から否定するような事実が(爆)

    結局、「覆水盆にかえらず」ということを11巻かかって理解したという感じです。

    そして、かえらないものはそのままに、進んでいかなければなりません。

  • 真理〜おやつ持ってきたわよ〜

  • 再読ー。

  • 父の言葉をヒントに、過去と向き合うエド。
    ひとりの夜は嫌だ、というアルのカット、
    鎧の輝きが涙のように見えて圧倒された。

    ドクターマルコーが拉致られ不穏な空気、
    更にエドが大佐を真似て釣りをする中で
    スカーの入墨の件が明かされ
    物語が加速度的に展開していく。

    今巻もまた、気になるところで切れており
    発刊当時は続きが気になって非常にやきもきさせられた。

  • くー!泣いたー!そんでバトルにハラハラ・・・!!このあとどうなるのかな~!とりあえず次ー!

  • マンションで読む。再読です。この漫画は謎です。絵、ストーリ、心理描写ともにすばらしいです。でも、爆発的ヒットするには難しい気がします。

  • エドが究極のトラウマと向き合い、希望を知る第11巻。

    兄弟の父、ホーエンハイム登場。
    ピナコに警告を与える為に故郷に戻ったようですがこの“人らしくない人”は一体何者なんでしょうか?

    人体錬成と言う禁忌を犯し、肉体を奪われた『罰』以上に師弟を苦しめた“愛する者を殺したのかもしれない”という『罪』。
    あの気丈なイズミが泣く姿にその苦しみの大きさを知るような気がしました。

    残酷の中から希望を見出し、またひと廻り大きくなった兄弟の姿がこの巻の見どころですが、大佐とハボックのやり取りも印象に残る。大佐はやっぱり良い男です…。

全137件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(11) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする