鋼の錬金術師(11) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス (2005年7月22日発売)
3.60
  • (489)
  • (270)
  • (1282)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 4801
レビュー : 137
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757514966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホーエンハイムの謎のヒントが助けたね
    しかしなんで助けたんだろ
    なんの目的があるのやろ
    アルの肉体はどうやって保存されてるのかしら
    謎が一杯だわー
    早く戻れるといいね

  • スカーの男復活

  • ホーエンハイムとホムンクルスの繋がりが気になる。随所随所にヨキがカスキャラとして出てくるけどいい味出してるなあ。

  • 荒川弘の"鋼の錬金術師"第11巻。エルリック兄弟の父親であるホーエンハイムが登場し、再び振り出しに戻った2人。しかし、過去のトラウマと向き合うことに寄って、人体錬成以外の方法で元の身体に戻れる可能性を見つけ出し、新たな旅立ちを誓う。一方、国家錬金術師全員の殺害を目的とするスカーも動き出し、再び両者は激突する。前巻活躍しまくったからなのか、ちょっとしか出て来なかったマスタングのここまで部下を大事にできるというかっこ良さは反則。彼は最高のバカだ。

  • 借り物
    難しくて話についていけない

  • 2011/03/01
    購入につき再読。

  • 『墓前の父』

    『泥の河』

    『名前の無い墓』

    『傷の男再び』

  • 荒川弘

  • ・エドとホーエンハイム、再会
    ・人体錬成で出来上がったものは母親でなく、別人
    ・アルの身体は扉の中にあると確信
    ・スカー再び

    なんか色々進んだ回と思う。
    過去のことをちゃんと見て、未来のことを考えて。
    理論的なことはあまりわからなかったが(笑)
    墓をちゃんと作るエドが良かった。

    それと、エドとホーエンハイムがついに再会ですね。
    エドには悪いが、エドとホーエンハイムの会話面白かったよw
    ホーエンハイムは意外と天然(?)だなぁ…。

    ハボックが正式に退役することになっての場面が印象的だ。

全137件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(11) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

ツイートする