小説 ドラッグオン ドラグーン2 封印の紅、背徳の黒 (ゲームノベルズ)

著者 :
制作 : 藤坂 公彦 
  • スクウェア・エニックス
3.30
  • (3)
  • (6)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757515468

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鍵の守護者たちの過去・契約に至るまで、ジスモアとオローの出会い、マナとカイムの旅等々ゲームでプレイしただけではわからない部分も文章化されています
    ゲーム中で描かれていない部分のほうが多いような気がします
    ノウェのこともこれを読まないと共感しづらいかもしれません
    マナもわかりづらい
    ヴェルドレはやはり一番人間臭くて保身に走るキャラだなと
    やはり、アンヘルとカイムの件は切なくなりますね

  • ゲームの小説化。これ単品で独自の作品として成立している…というよりも、補完のための作品という印象です。
    カイムとマナのエピソードは、短いけれど、すごく重要な要素だと思いました。マナが逃げ出した経緯がここで描かれて、納得できた部分がかなりあります。むしろ、これがゲームに入ってないのが非常にマズいんじゃないかと。
    ゲームをプレイしてマナがキライになってしまった人は、この小説読むと印象が変わるんじゃないかな。

  • どうして短編集にしなかったんだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

映島巡の作品

ツイートする