荒川アンダー ザ ブリッジ 3 (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.87
  • (328)
  • (257)
  • (434)
  • (13)
  • (2)
本棚登録 : 3237
レビュー : 142
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757516830

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マンキツでx時間コースを選んだ後、闇金ウシジマくんを最新刊まで読んだら時間が余ってしまい3巻まで読んでみた。全巻買ってる「聖☆おにいさん」は面白いが、こっちはマンキツでいいかな。ギャグの展開と落とし方は似ているが。アニメと実写は未見だがどうなんだろう? このシュールさを映像化出来ているのだろうか。 

  • 最近実写映画を観て再読。ニノが桐谷美玲ではまり役!
    村長の小栗旬や星の山田孝之も熱演でした。
    マンガよりだいぶソフトに作られていますが、あの世界観を表現しただけてもえらい。
    すっかり劇評になったけど中村光は聖おにいさんも面白いし天才です。

  • 野中郁次郎『経営は哲学なり』では、荒川アンダーザブリッジの現場主義的世界観が求められることを解説!

  • 読了。

  • シスターは城田優ではまり役です。

  • 楽しくなってきた。
    しかし、一気に読もうとすると疲れるから少しずつ。

  • 鉄人兄弟にきゅんきゅんする巻!

  • AUTB 3

  • ショバ代 睡眠時間は90分の倍数 老婆心ながら …母性には勝てませんな 一人脳内のお花畑を駆け回っていた 結婚なんてバカな契約破棄出来て幸運だと言っているんだ 狩野川で石渡をしたり

  • 荒川アンダー ザ ブリッジ 3 (ヤングガンガンコミックス)

  • 再読。
    リクの先生の巻はすぐ終わっちゃったな。またやるんだっけ?忘れたや。

    やっぱシスターかっこいいわー。リクに会う前に一週間24時間監視してたってのがクレイジーすぎ!

    そこまで大切にされてるニノ羨ましいわ。
    (150828)

  • このまま読み続けるか⁈辞めるか⁈迷う作品だよね…

  •  

  • シスターの表紙がかっこいい。リクの秘書の高井とその助手の島崎が登場。

  • まだ、星はリクに対してライバルは消えていない。音楽で戦うことになったりと日常が賑やか。リクは子供に物を教えるために授業を始めたり、色々やっていく。リクは会社の人達に見つかりごまかしていくけど、今後どうしていくのだろう。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ナ-5/3
    【資料ID】 1001011834 
     

  • だいぶ前に2巻読んでそれきりだったけど、3巻から7巻、大安売りされてたからゲット。ならではの世界観で、たまに新たな住人も出てきつつ、色んな人が空回りしながら進んでいく物語ですね。

  • ---

    Tue., 18 Jun. 2013 読了

    ---


    iPhoneから送信

  • P子のドジっ子クオリティが高すぎる。

    シロさんの営業マンレベルが高すぎる。

    高井はリクを愛しすぎてる。

    授業を始めたリクが生き生きしていて涙が出そうになる。

  • マリアのドSっぷりが半端ない。シスターをいしめないであげて。秘書の高井さんもキャラ濃いな。さすが荒川

  • はまるっ…

  • 仮面をつけているとリラックスできない、泳げない、飛べない。
    仮面がなければ何でもできるのに。

    サン・テグジュペリの星の王子様みたいな寓話性を感じました。

  • 4757516835 180p 2010・6・16 27刷

  • キャラが増えすぎでないかい

  • 音楽バトルや授業など今回は盛りだくさんな内容。
    あいかわらず不思議な住人たちの奇行が・・・。
    会社の秘書が現れどうなるのかと思ったがこの人もまともではなかった。

  • 良い意味で、表紙詐欺。

  • このマンガは窮屈な感じがしないのでとても読みやすくて気に入っています。

  • 秘書高井登場巻。

  • リクとニノのラブコメ度合いが大きくなってきたような。
    シュールなギャグとのバランスにハマる人はハマるんだろう。

    不覚にも秘書の高井さんが気に入ってしまった。

  • かっこいいシスターに☆追加!

全142件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

中村 光(なかむら ひかる)
1984年生まれ、静岡県出身の漫画家。2001年、16歳(高校1年生)の時に「海里の陶」が『月刊ガンガンWING』掲載され、デビュー。
2004年『ヤングガンガン』創刊号から『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始し、アニメ化、テレビドラマ化、映画化される大ヒット作となる。また、2006年『モーニング・ツー』にて『聖☆おにいさん』を連載開始。こちらもきわめて高い評価を受け、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。劇場アニメが公開され、実写ドラマ化も予定されている。

中村光の作品

荒川アンダー ザ ブリッジ 3 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする