鋼の錬金術師(15) (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス (2006年11月22日発売)
3.75
  • (475)
  • (250)
  • (869)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 4362
レビュー : 170
  • Amazon.co.jp ・マンガ (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757518124

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読。イシュヴァール内乱と、その最中に何が起きたかが明らかになる。私を含め、この物語を囲う読者たちの中で、戦争を現実で経験した者はよもや居るまい。そんな人々にさえ、本書は戦争の悲惨さを現実味を持って訴えかける。戦争の様子、現地の人々の心情、殺される以外に選択肢を持ち合わせていない人々がその選択肢を選ばされる瞬間。極く一部の者の目的のために武力を行使する者の様子も。ならば力を持つものが弱者に配慮し、僅かな犠牲が肯定されないが為に目的を持って行動することは、果たして許させざることだろうか。ノックスさんに言わせれば、これも安全圏からのもの言いでしかない。虐げられて、為すすべもなく一方的に生きる権利を剥奪される者がいるという事実は揺るがない。現実においても戦争は忌むべきものとされる一方、闘争の究極形態として容認されているように見受けられる。他の命を、自分が生きる為に奪うことをNGとするならば、普段私たちがその身を構成するために食べるものについてはどうだろうか。…
    これ以上は語るまい。戦争について語るとキリがないし、何より私は本当の戦争を知らない。中尉も前置きとして、「主観でしか語れないけど」と言っていた。知らないものを、安全圏から自らの貧弱な語彙で飾り立て、さも俯瞰が出来ているかのように語るのは滑稽そのものである。
    軍に従事した者たちの当時の様子や、特にホークアイとマスタングの経緯を知ることができた。平和な日常も、誰かの闘争のもと成り立っているのだと改めて気付かされる。カバーの作者コメントも心に残る。次巻以降も楽しみ。

  • イシュバール殲滅戦の話。
    大佐が強えー。

  • イシュバール殲滅戦について。

  • 久々に読みたくなって引っ張り出してきたので登録.ロイの師匠は実は……!? キンブリー現る.「なぁマルコーさんよ,なんで俺は医者なのに人殺ししてんだ?」気付いた兄者.丸ごと一冊イシュバール戦,重い一冊.

  • 戦争の回。ちょっと読んでて気分が落ちる巻でした。。

  •  イシュバール民族殲滅戦の内実が白日の下に…。イシュバール族を中核とする民間人、納得のいかない殲滅戦に心痛める軍人ら、これら多くの人間を苦しめ、恨みは後の恨みを生み、さらに多くの人の人生観にまで影響を及ぼした痛ましい情景が展開する。やや一面的ではあるが、武力・実力を有している暴力装置/軍隊の持つ負の面を露わにしつつ、描かれる世界観、背負う業がキャラクターに命を吹き込む。著者の作家としての力を雄弁に語る巻である。

  • イシュバール殲滅戦。むごい。キンブリーが無茶するくせにいいこと言う。戦争というにはあまりに一方的で、しかも目的は賢者の石?スカーの怒りが伝わってきて苦しくなる。ウィンリィの両親も素晴らしい人たちなだけに残念。

  • 「賢者の石」「軍部に暗躍するホムンクルス」。すべての謎がある一点を指し示す…、その名は《イシュヴァール殲滅戦》。軍事国家として急成長を遂げるきっかけとなった最大の内乱は、エドやスカーの出現により新たな解釈とともに再構築される。ロイ、リザ、マルコー、アームストロングとノックス、そしてスカー。固く口を閉ざし語られることのなかった過去が、今明らかになる。(Amazon紹介より)

  • 15巻目。

    回想シーンです。イシュヴァールの戦いがどのようであったか明らかになります。登場人物がどのように戦ったか、傷を負ったか分かります。新キャラのキンブリーは強烈な悪の臭いがして今後主要キャラになりそうな予感。ホークアイさんとマスタング大佐の関係がもっと大人な感じの描写があって、マスタング大佐がパワーアップみたいなのがあったらより良かったなあ。

  • 【内容】
    ・イシュヴァール内乱の回想

全170件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

荒川 弘は1973年5月8日生まれ、北海道出身の漫画家。
代表作『鋼の錬金術師』(スクウェア・エニックス)、『獣神演武』(スクウェア・エニックス)、『百姓貴族』(新書館)。
1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキのアシスタントを経て独立。
大ヒット作『鋼の錬金術師』で、2004年第49回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
2011年19号より『銀の匙 Silver Spoon』で初の週刊連載開始。同作で2013年第58回小学館漫画賞少年向け部門を受賞。

鋼の錬金術師(15) (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

鋼の錬金術師(15) (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする