死がふたりを分かつまで 4 (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
制作 : DOUBLE-S 
  • スクウェア・エニックス
3.60
  • (12)
  • (23)
  • (39)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 243
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757519541

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初見の4巻
    このまま遥は普通の生活には戻れないのかと思いきや、その辺はきっちり考えてあって安心しました。

    それから今までの漫画と違って相手の武器が「無人殺人機械」ってのも斬新です。

  • ちょっとだけ平和な学園生活も、ほんの少しだけ。一流の殺し屋との闘いが始まる。ハイテクの中の日本刀が光るなぁ。

  • 盲目の剣士と予知能力少女の活劇漫画、4巻。
    陰湿で残酷で見えない敵、殺し屋『牙』編。
    なぜ、ああいう言動をしてしまうのか、護の過去が気になるなぁ。
    遥が学校に通うということで、今後どういう展開になっていくのか楽しみです。

  • 09.2.12

  • だんだん(ry

    シエラさんは後の巻で離脱してしまうようで残念。あと護の目的も気になる。

  • スプリガンの原作者、たかしげ宙氏の作品。買った契機は、あスプリガンの人のだ、ぐらいでしたが、読んでみるとなかなか。

  • 井川の提案により再び中学校に通い始めた遥。何気ない日常の中に、皆が束の間の平穏を感じていた。一方、護抹殺の依頼を受けた暗殺者『牙』の凶手が静かに…そして確実に、ふたりに迫りつつあった――。

  • 護の遥に対する情がいい感じ。中学制服の遥がいい感じ。なんか妙なのが出てきたなー。

全10件中 1 - 10件を表示

死がふたりを分かつまで 4 (ヤングガンガンコミックス)のその他の作品

たかしげ宙の作品

ツイートする