ファラオの墓 1 (Gファンタジーコミックススーパー)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.13
  • (48)
  • (21)
  • (35)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 198
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757520455

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さいとうちほ『とりかえばや6巻』帯裏に、さいとうセンセの「わたしの愛読FC」でファラオの墓が揚げられていたので懐かしくン十年ぶりに読んでみた。あらまー、ほぼすっかり忘れてて新鮮ww。スネフェルとナイルキアのボーイミーツガールが典型的・王道過ぎて、なんか笑えた^^;いろんな意味で原点だな~。

  • エジプトが好きで、母が購入したのでそのまま手に取って読んでみた。エジプトマニアからしてみればツッコミどころも多いけれど、それをも忘れてしまうくらいの恋があって、切なさがあって、悲しさがあり、気づかせてくれる何かがあり、大きな感動がある。
    「地球へ…」もそうだけれど、私は竹宮さんの描くどこにも遣れない切なさが好きなのかもしれない。

  • 竹宮惠子さんの作品を初めて読んだのですが、話が深くて面白かったです。
    古い作品に全然思えませんでした。

  • 子供の時に読んで、ナイルとスネフェルの悲恋にとっても泣いた。

  • 全4巻

  • スネフェルとナイルキアの純愛は綺麗で辛くてやっぱり綺麗

  • 3巻(最終巻)まで既読。

    スネフェルも鷹もどちらもすばらしい少年だと思います。
    スネフェルはナイルさえいればきっと幸せだったのに、そうできない王という立場のつらさ。
    登場人物達の成長や思いはいたいほど伝わってきます。

  • リーダーの素質を持った少年が何かに立ち向かう…という感じは「地球へ…」と同じ系統かも。切ないです。

  • もう一人の主人公、スネフェルがとにかく魅力的。
    この歴史が竹宮先生の考えた話だということに驚きました。
    竹宮作品で一番好きかもしれない。

  • 学校の図書館で高一の夏に読みました。ナイルキアのラストでぼろんぼろん。

全23件中 1 - 10件を表示

竹宮惠子の作品

ツイートする