黒執事 2 (2) (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.62
  • (363)
  • (230)
  • (863)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 4190
レビュー : 130
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757520639

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 切り裂きジャックのお話。
    悪魔VS死神で面白くなってきた、ところで
    次巻に続く。

  • さてさて、個人的に大好きなマダムレッド編の始まりな2巻。

    先を読んでる人にしかわからないことをここから書きますが、個人的に、サーカス編まで読ませていただいて、一番面白い話がマダムレッド編だと思っています(そこから先はまだ読めてません)

    まず、特筆すべきは執事グレルの存在。
    悪魔ではないけれど、死神なグレルさんはかなりキャラの立つお方で、ここから先の黒執事でも大活躍してくれます。

    そんな素敵なキャラが現れるマダムレッド編。
    とても楽しいです。

    ところで、肝心のマダムレッドの説明がまったくできなのですが、それは、マダムレッド編がまだ完結していないのと、マダムレッドの説明をしてしまうと、3巻が面白くなくなってしまうからです!

    是非、マダムレッドについて知りたい方は、是非、3巻を読んでください!(笑)

  • お約束どおりってか、
    親の私がはまったので、
    早速購入♪

    イギリス郊外の屋敷から、
    切り裂きジャックの件で、
    ロンドンにでてきたセシルとセバスチャン。

    元バーネット男爵夫人のアンジェリーナ・ダレスこと、
    マダム・レッドと、
    中国貿易会社『崑崙(コンロン)』英国支店長の劉。
    葬儀屋。
    そしてマダム・レッドの執事、グレル・サトクリフ登場♪

    うん、執事VS執事が楽しいかも?

    巻末のおまけも又面白い。笑

    ※ 枢 やな(とぼそ やな)
    1984年1月24日埼玉県蕨市出身。血液型はO型。
    同人活動を経て、現在「月刊Gファンタジー」などで活躍。
    『黒執事』は2006年より月刊Gファンタジーにて連載中。
    簗緒 ろく(やなおろく)名でボーイズラブ作品も描いていたが、
    現在休止。

    ※ 公式サイト:Devils666
    http://devils666.com/index.html

    ○ 須藤家娘所蔵

  • 再読。劉とグレル、子爵やアンダーテイカーが初登場する。ここから黒執事の世界観は広がってゆく。ミステリーも併せ持つ本作は、登場した(人)物は必ず何かの役割を背負うという「チェーホフの銃」に則りストーリーが進んでゆく。登場したキャラがどのようにこれから振る舞いを変えることになるのか想像しながら読んでみると面白いと思う。
    冒頭で3バカ使用人達のお世話説明を読者にするセバ様マジ苦労人。シエルの荒い人使いにも、内心毒を吐きつつ執事スマイルで対応するセバ様素敵。ねこかわいい。ねこを愛でるセバ様もかわいい。次巻も楽しみ。

  • 2008年末頃。折尾さんの仕事の手伝いで購入。経費は折尾さん持ち。2010年3月14日、ブックオフに売却。60円。

  • 2巻まで読了。
    ミュージカルを観に行くので予習として読み始めたのだけど、絵もストーリーもすごい好き…!
    以前にアニメを1期だけ流し見してたけど、アニメよりも原作絵の方が好み。
    シエルの眼帯✕半ズボン✕コート、最高。ちっちゃい伯爵がソーキュート。ドSな執事も良いし、シエルのこと小バカにしながら従ってる感じがいいなぁ。

  • 女装シエルは安定の可愛さ。
    猫に癒されるセバスチャンうけるw
    てかセバスチャンうちに欲しいw
    葬儀屋(アンダーテイカー)って言葉初めて知りました。
    タネも仕掛けもない劉の容赦ないめった刺しもうけたw

  • 田中さんがなぞで面白い。
    切り裂きジャック編。
    女装シエルが見所かな?
    次巻は切り裂きジャックとの対決。
    どうなるのか楽しみ。

  • この巻本当やばかった!!!!//////
    グレルかわいー!!
    駒鳥シエル可愛いいいい!!!!!//////
    ドルイット子爵には笑いました(())

  • こんなストーリーとは!意外なマンガだ。

全130件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

枢やな(とぼそ やな)
1984年生まれ。埼玉県出身。2004年、『9th』でデビュー。2006年、『黒執事』の連載を開始。同作はテレビアニメ及びミュージカル化され、累計部数は2300万部を突破しており、2014年には実写映画が公開された。
2003年、『HELL-O』にて第3回スクウェア・エニックスマンガ大賞奨励賞受賞、2004年『DISGUISE』にて第4回スクウェア・エニックスマンガ大賞入選。2008年『黒執事』にて第54回小学館漫画賞 少年漫画部門ノミネート、2010年同作でジャパン・エキスポ・アワード 最優秀少年漫画部門受賞。

枢やなの作品

黒執事 2 (2) (Gファンタジーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする