BAMBOO BLADE 6 (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
制作 : 五十嵐 あぐり 
  • スクウェア・エニックス
3.52
  • (28)
  • (27)
  • (105)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 564
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757521223

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    東が入部し、ついに5人体制が整った、コジロー率いる室江高女子チーム! 勢い駆って臨んだインターハイ予選で勝ち進むが、思いもよらぬ事件発生。なんと、タマキが…!?

    【感想】

  • 午後の部開始
    珠姫の対戦者は剣の道においては邪道というべき相手だったけれどオチはちゃんとついていた

    お弁当箱のかわりにサターンを間違えて持ってくるあたり、さすがは生粋のドジっ子さとりん
    しかも律儀にコントローラーまでセットとは笑

    ユージ君が珍しくボケた「一投入魂」の習字と
    ダン君が描いたミヤミヤの肖像画は剣道部の部室にはミスマッチすぎるよー^^;

    最後の余白ページのかきおろしは土塚先生のものでしょうか?
    とてもほっこりするイラスト^^

    エプロンサヤみたーい

  • IH予選終決。
    キリノらしいオチだね。

  • まあまあ

  • 再読字登録。ギャグ部分は健在だが今まで以上に真面目な部分が増えてきた巻。
    明確にスポーツマンにふさわしくない悪役が登場したことでタマちゃんの新しい面が見られるのが良い。それに対するコジローの対応もなかなか魅力的。一応改心も含めているがそこはやや不要かもしれない。
    また、特にキリノの部内での位置づけや性格が印象的に表現されていてこころ温まるのも良い。
    東の初見せ場は完全にギャグよりだが印象的という意味ではむしろこれでいいのかもしれない。

  • 竹刀を握る女子は、かくも美しい・・・。
    戦う少女の成長物語(人間的に)

  • ぷくくくってw

  • 腹痛で万事休すなさとりん、レイミのせいでガチガチのミヤミヤ、逆に集中力の高くなったキリノ。そして最大の危機に陥ったタマちゃんと、各キャラの反応が面白い。サヤも大会後に一人で暴走してしまう。サヤってどうしてこんな役回りなんでしょうかね。笑

  • 剣道物語
    タマちゃんのお父さんが好きだ

    1〜6巻(2008年1月18日現在)

  • たまちゃん可愛い。でもたまにでてくるマテリアパズルのノリも結構好きです。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野県出身。『清村くんと杉小路くん』でデビュー。同作品は後に改題して連載、シリーズ化して好評を博す。その他『マテリアル・パズル』シリーズ、アニメ化された『BAMBOO BLADE』シリーズの原作、モーニング連載作品『まんなかのりっくん』など、代表作多数。

「2019年 『マテリアル・パズル~神無き世界の魔法使い~(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BAMBOO BLADE 6 (ヤングガンガンコミックス)のその他の作品

土塚理弘の作品

ツイートする