黒執事 3 (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.64
  • (324)
  • (217)
  • (748)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 3918
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757521926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「私はあくまで、執事ですから」
    セバスチャンの素敵さにメロメロですね。
    美麗な絵はさることながら、細部まで書き込まれた茶器や茶菓子、英国の装い。ため息を誘われますね。

  • ええなあ。セバスはええなあ。マダム・レッドが好きだったのに、残念です。

  • ジャンプのあの人の面影(?)
    があったので思わず購入。

    でも三巻だけ・・・

  • えろい。

  • 面白くないわけじゃないけど私の好みではないのかなあって感じです。

  • 内容が濃くてとても満足!個人的に「じょわっ」がツボ。<br>
    マダム・レッドが死んでしまってとても悲しかったです。<br>
    枢先生の服のデザインと絵の迫力は本当に凄いと思います。<br>
    絵描きを目指す自分にとっては是非とも見習いたい所。<br>

  • 2008年1月読了

  • 赤執事が可愛かった。

  • 赤執事!死神!グロの世界(ちょっと違う)
    セバスチャンのケーキ勿体無い。美味しそう過ぎ。
    そして次巻は新キャラ登場の予感(予感もなにもない)

  • マダムレッド編終了wあわやという死神との戦いでありました。葬式のときの二人がきれいでかっこよかったです。あと、叔母様の話が好きです

全111件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

枢やな(とぼそ やな)
1984年生まれ。埼玉県出身。2004年、『9th』でデビュー。2006年、『黒執事』の連載を開始。同作はテレビアニメ及びミュージカル化され、累計部数は2300万部を突破しており、2014年には実写映画が公開された。
2003年、『HELL-O』にて第3回スクウェア・エニックスマンガ大賞奨励賞受賞、2004年『DISGUISE』にて第4回スクウェア・エニックスマンガ大賞入選。2008年『黒執事』にて第54回小学館漫画賞 少年漫画部門ノミネート、2010年同作でジャパン・エキスポ・アワード 最優秀少年漫画部門受賞。

枢やなの作品

ツイートする