黒執事 3 (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.64
  • (324)
  • (217)
  • (748)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 3937
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・マンガ (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757521926

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グレルがすごくボッコボコ・・・!(笑)
    死神の武器、走馬灯劇場って面白い。
    フランシス叔母様格好良いし、お話には癒された。

  • ファントムハイヴの過去はこんなことが…!!
    すごい切なかったです(;ー;)

  • ナイフを投げるセバスチャンかっこいい!!








































































































    ナイフ投げるセバスチャンかっこよすぎーーーーー!!!

  • 葬儀屋の変人ぷりが堪らないです

    あとマダム・レッドの過去がとても切なかったです
    甥っ子を目の前にして悪になりきれなかったんですね

    死神の人がなんか強そう。
    顔はやめてというグレルの言葉をガン無視して顔面ボコったり、踏んだり・・・
    またグレルが出てくるのを期待。

    本当はマダム・レッドにはもっと生きていて欲しかった・・・

  • ---

    H23*10*08*Sat 読破

    ---


    2巻からの立ち読み続きー


    切り裂き事件の終わり。
    やっぱり悲しくなりました(∋_∈)
    同じ女として人として命の重みみたいなのが……
    あっさりグレルに殺されたときは………



    後、
    マダムのお葬式の時のシエルとか絵とか凄く好きな場面。
    めちゃくちゃキレイでしたわー
    葬儀屋は怖かったかも(笑)


    とりあ 次巻も読みたかったなー


    以上、
    ---
    ---

    Wed., 1 Jan. 2014 読了

    ---

    マダム…

    --あらすじ--

    黒執事 3巻
    最期まで、主の命令に従うのが、執事の美学
    19世紀末、英国を震撼させた連続猟奇殺人事件。
    その真相を今、一人の "執事" が突き止める…。
    誰も辿り着けなかった切り裂き魔の正体を前に、紅茶色の瞳が嗤う、嗤う。
    世界で一番黒が似合う執事漫画をあなたに…。

    --

    切り裂きジャック編が終わった。
    マダム・レッドの追想には何故か感動した。
    そして葬儀でのシエルの行動はキザですな(笑

    グレルは相変わらずのウザさでw

    赤色は大好きだわー

    End.
    ---

  • 沒想到紅夫人...巴奈特家的安潔莉娜這麼快就死了@@;;;
    而且那笨手笨腳的傻系執事...竟然是死神。不僅有惡魔,連死神都登場~還連出兩個@@

  • 最期まで、主の命令に従うのが、執事の美学

    19世紀末、英国を震撼させた連続猟奇殺人事件。
    その真相を今、一人の”執事”が突き止める・・・。
    誰も辿り着けなかった切り裂き魔の正体を前に、紅茶色の瞳が嗤う、嗤う。
    世界で一番黒が似合う執事漫画をあなたに・・・。

  • マダムレッドの過去に、グレル対セバス・・・
    とくにマダムレッドの最後は泣きました。
    セバスとシエルの契約についてがチラッと見えたり・・・
    エリザベスや、エリザベスのお母さん、使用人たち・・シエルって結構愛されてますよね^^

  • 「これでも、執事DEATH★」
    黒い悪魔セバスチャンVS赤い死神グレルの死闘休戦編ww
    ↑のセリフは2巻の最後にでてきましたやつで、こういうのがなかったので(笑)
    で、アンジェリーナ(マダム・レッド)の悲しい過去・シエルの過去が少しだけ公開!!
    「走馬灯劇場」とか?「死神の鎌」とか?少し複雑な巻DEATH★

  • マダムの回想シーンが泣けた。
    ヤバい、私はこういうのに弱いのだろうか。

    リコリスは日本で言う曼珠沙華。
    いいよなぁー曼珠沙華。
    私の大好きな花だったりする。

    でもやっぱりグレルが出てくるだけで感動が埋もれる。
    ある意味、才能だよグレル。

著者プロフィール

枢やな(とぼそ やな)
1984年生まれ。埼玉県出身。2004年、『9th』でデビュー。2006年、『黒執事』の連載を開始。同作はテレビアニメ及びミュージカル化され、累計部数は2300万部を突破しており、2014年には実写映画が公開された。
2003年、『HELL-O』にて第3回スクウェア・エニックスマンガ大賞奨励賞受賞、2004年『DISGUISE』にて第4回スクウェア・エニックスマンガ大賞入選。2008年『黒執事』にて第54回小学館漫画賞 少年漫画部門ノミネート、2010年同作でジャパン・エキスポ・アワード 最優秀少年漫画部門受賞。

枢やなの作品

ツイートする