鳥籠学級 1 (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.46
  • (33)
  • (34)
  • (92)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 404
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・マンガ (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757522930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マイナーなファンタジー漫画(絵は綺麗)に手を出すと大体失敗することになるのはわかっているんですが、しょうこりもなくまた手を出しました。
    失敗するというか、大体設定は素敵なのに書ききれてなかったり、連載多分途中で終わっちゃってるんだろうなーと思うようなところで中途半端に終わっちゃってたりします。
    別にこの話がそうだ、というわけではないんですが、作者さんが自分の思うところまで連載を書き切って終わるのってあんがい難しいことなんだな、とそういうのを見てると思います。

    で。
    実際のこの本の内容は主人公はミカゲ。
    記憶のない男の子。彼を養ってくれている先生曰く。
    彼はある日突然、スクリーンの向こうの異世界からやってきたのだという。
    彼は、先生の好意で学校に編入することになるが、彼がクラスメイトと関わると、蝕と呼ばれる物がクラスメイトの影に現れ、スクリーンの向こうの世界で異変が起こる。
    ミカゲがクラスメイトに影響を及ぼすことは些細なことで、好意からきていることが殆どだったのだが、そのことが原因でスクリーンの向こうの世界では、数百人単位の命が奪われてしまうかもしれない事態が起こる。

    とっても迷惑。
    なんというか、そんな些細なことで……と言われることで向こうの世界に影響が起こってしまうので、ミカゲにとっては迷惑この上ないんですが、まだ細かい設定には明かされてないことも多くて(なぜミカゲがスクリーンの向こうからやってきたのか、とか)、ちゃんとした評価ができるのはこれからかなーと思います。

  • 1~2巻

  • 一巻しか読んだことありませんが、毎回淡々としたノリで、装飾過剰な画面で、差し出したお菓子を毎回ペッとされる、そんな様式美が結構好きです。

  • 校舎で倒れていた記憶喪失の少年・ミカゲを見つけた生物教員のクギウチはそのまま彼を学園に置くことに決める。何からなにまで世話をしてもらう代わりに、転入することになった1−Aで問題が起きると宿題が言い渡される。
    「制限時間は四時間。二人の友情を取り戻さないと約300人が命を落とす」
    スクリーンの中の現実と同じ姿・名前の登場人物たちが異世界で動いている。彼らは現実で不和が生じると異世界の住民の多くが死んでしまう事態へと発展してしまう。制限時間以内にうまく解決できるのか。

    学園で繰り広げられる物語の中に、「スクリーンの中から来た少年・ミカゲ」と「現実に似た人物が動く異世界」によってファンタジーのような感覚を覚えさせられる作品。全寮制だという学園の制服もレースがふんだんにあしらわれたもので、どことなく現実離れした雰囲気に感じられる。
    美しい絵で魅せられるかと思えば、冷めてしまうようなギャグ、豹変の露骨さ、ギスギスした関係など独特なスパイスが多い作品。好みが分かれるのはここだと思われる。
    非常に動きの分かりやすい作品なので、難しいことは考えずに読める。

  • 読み始めは何が目的か分からない漫画。
    そして巻数が進んでもいまいち釈然としない漫画。
    絵は綺麗。
    3巻まで所持

  • 独特の世界観が好きで購入。
    絵が綺麗。なんか独創的。
    話はじょじょに面白くなりそうな予感

  • 作者買い

  • 絵が好きなので購入。
    夢喰と同じようにパターン化しやすい内容だよな。

  • 表紙より中身の絵の方が好み。
    色の塗り方が私の好みではないからかな。

    内容はワンパターンで単調。
    主人公のキレるところがけっこう強引。
    それから初めてキレたときの主人公の格好が気持ち悪い。

    限くんかっこいいよね!
    というところぐらいしか、良いところ見つけられず。

  • 先生が、僕を呼び出す。先生が、僕に命令する。
    記憶をなくした転校生ミカゲ。新しいクラスで彼を待っていたものは、夢でも友情でも希望でもなく、先生からの“命令”…。此処以外の何処にもない、禁断の学園ストーリー開演!!

全44件中 1 - 10件を表示

鳥籠学級 1 (Gファンタジーコミックス)のその他の作品

真柴真の作品

鳥籠学級 1 (Gファンタジーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする