咲 Saki (4) (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.85
  • (73)
  • (55)
  • (93)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1132
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757523166

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • -

  • 副将戦です。
    原村和でオールです。

    萌えな方には覚醒のどっちをどうぞw
    ( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!

    それ以外にもオカルトな子ありーの、変態女王ありーの……。
    しかし、ふっと気付く、麻雀っぽさは全然ない。
    多少あるけども、あまりに破天荒なゲーム内容で正直ゲーム内容がどうのより、話の筋を楽しむものだな……これは。

  • 県予選決勝副将戦。麻雀がわからないと半分も楽しめない気はするけど、雰囲気は面白い。女の子がロリっぽくて可愛い。

  • 県大会・副将戦。まさか1巻分じっくり描き切るとは。でもそれだけの魅力があるようにキャラ同士の関係性を描けているのがすごいところ。和は言うまでもなく、その和を意識した存在としての透華との関係性は非常に面白かった。
    そして途中まで読者的にも知覚できない描き方をされていた桃子の存在。普通対局前のエピソードとかで各校に魅力を出していくところだと思うのだが、対局中に回想でそこをやり切っていくのはテンポよく話が進んでいいなぁと。

  • ステルスモモでわらった。麻雀でそれって

    次はいよいよ咲の出番か、そして天江衣とは一体。楽しみ

  • おお、黒子が、黒子がいるぞ~。

    このステルスのかき方は、結構うまかった。
    特に、メイン2人が目立っているだけにだまされた感はあった。

    あり得なくて素敵だ。

  • 県予選副将戦から。和と対戦する龍門淵透華が楽しすぎる。「長期的自己実現で福楽は得られない。幸せは刹那の中にあり」衣ちゃんの言葉。咲と対戦すれば衣ちゃんは孤独にならずに済むのではないか? のどっち降臨。のどっちには更に極めた段階が? 次巻は大将戦。

  • のどっちが進化していく…!

    そしていよいよステルスもも…
    人外めいたものが…
    まだほら、黒子とかはあるじゃないですか、
    もともとの存在感のうすさにプラスして、
    技術というか仕組みというか。
    ステルスももちゃんにはないですからね、オカルトですからね。

    番外編を見ると衣ちゃんにも感情移入したくなりますよねー。

  • ステルスとはたまげたなぁ。いらっしゃいまし!とそんなオカルトありえませんは名言

  • ステルスモモの能力には正直ワロタ。
    麻雀とほとんど関係ないけどある意味斬新な能力だったと思う。

全22件中 1 - 10件を表示

小林立の作品

咲 Saki (4) (ヤングガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする