スパイラル・アライヴ 5 (ガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.72
  • (31)
  • (36)
  • (57)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 486
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757523555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • *
    這麼說 我確實沒看過小說原作 時光機器@@;
    (電影版好像有三部?也收了超久未看...
    是說看推理小說的人 似乎也常會和「科幻」族群重疊...
    是因為著重理論性與邏輯 甚至可能大於劇情起伏嗎?
    (而喜歡奇幻的人 與妖怪推理或觸碰感應偵探較近?

    總之 確實面貌模糊的屍體 是本格推理小說的基本XD
    相似的還有死不見屍...前者看到就要懷疑死者換人
    後者則根本揣測沒有死XD(各種可能性都太大XD;
    這當初看多本島田與綾辻的書 就得到的抓兇手法歸納XD

    不過這部是漫畫 所以應該還有 不可靠的敘述者
    這個也算是本格派的設定(想到法月的書...?
    也就是說 畫面上呈現的「兇手回憶」 也不能全然信任
    所以讀者會被「 妹妹」的型象與對話混淆...@@
    啊 懶得打惹XD;

    喔 突然想到 這部是過去篇嘛
    所以亮介他們是 名符其實的中二耶XD
    所以書末亮子指出亮介被當白痴耍...
    我都忘記他們只是小孩...先前表現早已超.超齡惹@@;
    (大概因為前作主角鳴海步 實在是老成到一種境界...


    下棋高手似乎都要推估對手可能的棋路
    再逆向回溯 自己可以擱倒or誘導對手的步驟
    本人大概模擬到交手兩三次 就會盤面大混亂XD;
    那種一人對多人的紀錄達成者 甚至盲棋
    難怪會被認為是高度智商的展現形式之一

    本系列作 Spiral (スパイラル)
    從 推理之絆 15 本,到本作 Alive (アライヴ) 5 本
    個人覺得最精彩的地方 大概就是這點吧
    到底誰的推算 最遙遠而完備?
    在出現多人的分歧選擇時 如何判斷甚至是引導對方行動?

    當假理科人也放棄思考 變成接受者後
    就會認同...或死要面子的說對方很厲害XD
    (而不會承認可能是自己太笨XDD


    *

    維基
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B4#.E5.A4.96.E9.83.A8.E3.83.AA.E3.83.B3.E3.82.AF
    2001-2008


    新少年偵探~螺旋重現~(5)完
    作者: 水野英多
    定價: NT$ 105

    出版社: 尚禾文化事業有限公司
    出版日期:2008-12-20
    語言:繁體中文
    裝訂方式:平裝
    讀冊 http://www.taaze.tw/sing.html?pid=11100455426

  • 現在2巻アニメイト限定Wカバー版、特典ブックカバーのみ所持。

  • 香介好きとしては大変嬉しいことに香介いっぱい出てきます大活躍です

    伊万里はともかく沢村の影がどんどん薄く…

  • 推理の絆のほうが好き
    読んで寝ると悪夢を見ます

  • 完結編。最終巻。

    最後のこーちゃん良かったわー

    そして物語は本編へ続く。

  • 完結巻。
    登場人物はブレチルだけで良かったのでは?どうも沢村と伊万里がいらないとしか思えなくなってきた。本編プロローグだからいいのか。

  • スパイラル本編より前のお話。
    希望も勝利もないと知りながら、それでも戦う人達の、明日をめぐる物語。

  • 正直展開が読めてしまって驚きが少なかった。沢村もうちょっとがんばろうよ。。本編のプロローグ的な作品だということで歩とひよのが出来たのはちょっとうれしい感じ。

  • 外伝というよりも、長い長い本編のプロローグだったのねって感じ。これを読んでから本編を読み直せば新たなものが見えてくるのだろうか、とりあえず小説版を古本屋で探して、読んでみて考えよう。

  • 「スパイラル」では目立った活躍が多くなかった浅月香介が実は過去にあんな大変なことをやっていたとは…という。相変わらず清隆は計算高く策略をめぐらすのが得意だとか、次のステップ(これが「スパイラル」につながる話なので)にたくさんの「伏線」を残して終わった感じがしました。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

【城平京(しろだいら・きょう)】
奈良県出身。代表作に漫画原作『絶園のテンペスト』『スパイラル~推理の絆~』、小説『虚構推理 』『名探偵に薔薇を』『雨の日も神様と相撲を』など。

「2020年 『雨の日も神様と相撲を(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城平京の作品

ツイートする
×