BAMBOO BLADE 10 (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
制作 : 五十嵐 あぐり 
  • スクウェア・エニックス
3.72
  • (22)
  • (23)
  • (46)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 464
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757524774

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミヤミヤはいつの間にダン君の前でも素を出せるようになったんだろう。


    ウラちゃんの強烈キャラにやられたー。
    頻繁にデュランのシーンが出てたのは、このための伏線だったのですね。さすがは土塚先生。
    タマちゃんとおんなじ特撮好きの女の子と思ってた自分が甘かったです。


    なんかエアマスターみたいな子おるね。

  • 榊のエピソードがヤバい。
    よく剣道をやめただけで済んだなと思える廃人っぷり。

  • 榊ちゃんのキャラクター紹介巻
    流石にブラックデュランの描写くど過ぎ
    ストーリーも若干面白そうに見える分たちが悪い
    ちょっとお腹いっぱいです

  • バニ学はじまる

  • 再読時登録。巻の大半を占めるブラックデュランのストーリーと榊ウラが剣を捨てた理由。その異色さも相まって非常に印章的な巻として仕上がっている。榊父と寺本監督のおっさん二人のやり取り・描写にもこだわっており、なんとも劇的なウラとの接触が楽しい。しっかりタマちゃんの趣味と対比させた結果としてのその意外な理由がもの凄いホラー的な勢いで描かれている様は必見。
    東が剣道部に入った理由の一つでもあるテスト勉強の話が特別編として収録されているのも見所。シンプルな作りながら良い雰囲気の話として仕上がっているし、オチも忘れていない。
    なおキリノのコジローへの態度がこの辺りから非常に目立ってくる。他の生徒とはなんとなく違う感じを要所で表現している雰囲気が非常に好みである。

  • いよいよウラに関する話に突入。ウラの剣道をやめた理由といい、ギャグがこれでもかというくらい詰め込まれていて笑いっぱなしだった。「アイシテル、ウラ」はもう最高。ワクワクする終わり方で次巻も期待大。

  • 榊ウラが剣道をやめた理由が判明しますが
    ちょっとイタすぎですよ。
    ちょっと父親に同情
    だけどそれ以上に笑わさせていただきました。

    タマちゃんと戦う日ははたして来るのか・・・

  • ユキに借りた。
    とうとう10巻ですかー。
    相変わらずのノリとおもしろさですねー。

    が、デュラン話のページ多いよww
    あと榊さんの話がまるでホラーで吹いたw

  • 榊ウラに関しては、まさかの展開でしたw
    まさかこんな理由で剣道を辞めてしまうとはw

    これからたまちゃんとの試合になっていくのでしょうが、今後の展開が楽しみです。

  • 榊さんの話、痛すぎました…。読んでるこっちが痛くなる位。。

    ある意味尋常ではないラインで笑いましたが、とっても微妙(苦笑。

    ただ、たまちゃんのライバルとしてはいろんな意味で十分です。次巻に期待!

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野県出身。『清村くんと杉小路くん』でデビュー。同作品は後に改題して連載、シリーズ化して好評を博す。その他『マテリアル・パズル』シリーズ、アニメ化された『BAMBOO BLADE』シリーズの原作等、代表作多数。

「2018年 『まんなかのりっくん(3)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BAMBOO BLADE 10 (ヤングガンガンコミックス)のその他の作品

土塚理弘の作品

BAMBOO BLADE 10 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする