ばらかもん(1) (ガンガンコミックスONLINE)

  • スクウェア・エニックス
4.19
  • (550)
  • (457)
  • (230)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 4743
感想 : 360
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757526167

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「どうぞお先に」
    「人に取られたものを 欲しがる必要はなか 諦める必要もなか」
    「譲ってやって もっと大きな餅ば狙え」
    ーヤスば

    いつも心に留めておきたい名シーンだと思ってます。

  • なんだこれ!すごく面白いぞ(^o^) 平凡という壁を乗り越えるために、イケメン書道家が島に移り住んで頑張る話。よくありそうな話だが、島の人々がなんとも味がある!ほのぼのするだけでなく、心にガツンとくる場面もあり(^^)特に なる がイイ!!「よつばと」好きにオススメです(^-^)b

  • なるが好き。ちょっとよつばと思い出す。

  • 主人公の職業が
    書道家ってのもおもしろい。
    都会で問題を起こして
    長崎の島に引っ越してくるんだけど
    ネットで仕事の注文受けたりして
    別に悲壮感はない。
    対する島の人々もヨソ者を排除するんじゃなくて
    なんちゅうか…
    久しぶりに入った新しい珍獣をいじる…(おい!)

    あと、著者がネイティブだそうで
    ときどき入る長崎弁がかわいいです(´ー`)

  • 心が疲れた時に読みたくなります。

  • 習字を題材にした日常漫画です。
    田舎の良さを知ることができ、五島列島に行きたくなるような作品でした。特に登場人物の人間ドラマが好きでした。
    心の温かくなるような作品が読みたい方にはおすすめです。

  • 賞のために書く、仕事のために書く。
    プロなのだからそれもまた真実。
    遊びじゃないから。
    でも楽しくないと、それも仕事に表れてしまう。
    文字はそれが顕著にでるのだろう。
    自分に対する自信と不信。その狭間で頼りになるのは他人からの評価。
    しかし、他人からの評価のために何かをすると、本質を見失ってしまうことがあるんだな、きっと。

  • アニメでなるがかわいかった〜。漫画は初やけどやっぱ面白い。

  • 前に自炊してた。
    最新刊が出たので、どこまで読んだんだっけな…
    とひっくり返しついでに最初から読む。
    最初のときの半田先生は大人っぽいね!
    巻を重ねるごとにどんどんと幼くなってく。
    なるは「可愛くなってく」んだけどなー(笑)

    好きなシーンは、
    「どうぞお先に」かな。

  • 気になっていたところ、古本屋で1巻だけ見つけて手に取りました!

    どなたかのレビューにもありましたが、
    「よつばと!」が好きなひとなら楽しめると思います。
    なるが縦横無尽かつ天真爛漫に島を駆け抜けてくさまは、本当にかわいくて癒されます。

    わたしが生まれ育った地は九州地方に近いので、作中の方言をすんなり受け取れました。(全部が全部、ではないけれど)
    むしろわたし自身の郷愁をも誘ったかも。なんとなくあたたかい気持ちになりました。
    島に住むひとたちもみんないい人だから、なおさらに。

    先生が島のひとたちとの心のふれあいのなかで、これからどんなふうに変わっていけるのか、とても楽しみです。

    そして、18巻まで読了。@2018.12.16
    先生が島へ流されて(笑)からの1年を10年の歳月をかけて完結されたヨシノ先生へお疲れさまでしたとお伝えしたいです。
    全巻通して文句なしの☆5です。
    また読みます!

全360件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

日本の漫画家。長崎県五島市出身・在住。20歳の時にスクウェア・エニックス刊『月刊少年ガンガン』の月例マンガ賞新GIガンガン杯で2005年5月号・8月号と奨励賞を受賞し、『ガンガンパワード』2005年秋季号掲載の読み切り『ソルドソウル500』でデビュー。

ヨシノ・サツキの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×