ばらかもん(1) (ガンガンコミックスONLINE)

  • スクウェア・エニックス
4.22
  • (537)
  • (437)
  • (210)
  • (26)
  • (4)
本棚登録 : 4033
レビュー : 344
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757526167

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初にばらかもんのスピンオフ「はんだくん」を読んでから本編を読んだのですが、初っ端に半田くんが理事長?をぶん殴ってるのを見て…こんなのあのはんだくんじゃない!一体何があってこうなったの!?と思いながらもどんどん読み進めていって…なるほど、天狗になってしまったのだなと思いました。

    島の人たちはなるを始め変な人ばかりだけど、みんないいキャラクターで、これからこの人たちに囲まれながら半田くんはどうなっていくのか読んでいくのが楽しみです(*^^)

  • 大好きなヨシノサツキ先生の「ばらかもん」 ほのぼのとした雰囲気、要所要所にちりばめられたコメディ。 1〜6巻を通して成長する先生。 とっても元気でまっすぐで、なるがうらやましい。 でてくる登場人物、みんな素敵で、大好きです。

  • 主人公は書道の先生だけど、話のメインは書道じゃなくて、島の生活や、村人たちとの交流。書道の真髄を極めるとかそういう汗臭いものではないのだ。流れるのは、のんびりした空気。ヤスばの語った餅拾いのコツがそれを物語っている。

  • とにかく救われる一冊。出会えて良かった。

  • 10巻まで読了。
    日常を淡々と描く話ってそこまで惹かれないんだけど
    アニメも毎週欠かさず見てたほどこれにはハマった。

    放っておけない半田先生と天真爛漫ななるの掛け合い
    がとにかく面白くて、でもポイントポイントでじーん
    としたり、思わず顔緩んじゃったり。おばあちゃん家
    で夏休み過ごしてる的なデトックス感得られます。

  • 型にはまった書しか書けない書道家2世が自分の殻を破るべく長崎の五島で暮らす日常系書道漫画。
    島の子供たちとの生活で自分に足りないものを磨いていく。そんな感じ。ちゃんぽんがおいしそう。タマに書道への情熱が燃えたぎる熱い展開になることもあり読み飽きなかった。

  • ※感想は第10巻のレビューに。

  • よつばと好きで方言フェチの自分としては大満足のマンガ。

    見る度になるの天真爛漫さに、心にが洗われるよう

  • 1〜3、6〜10、12、13巻

  • アニメが大変面白いので購入。1巻の絵は上手いとは言い難いですが、アニメにないエピソードがあり面白いです。なるが方言で喋らないのでちょっと違和感があります。いや、こっちが原作なんですけどね。しかし、アニメは非常にうまく再構成しているなと思います。

全344件中 41 - 50件を表示

ばらかもん(1) (ガンガンコミックスONLINE)のその他の作品

ヨシノ・サツキの作品

ツイートする