荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.02
  • (189)
  • (163)
  • (154)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 2406
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757526860

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "「あいつはきちんと話すからな
    金星人でも河童でも 猫でも正面から話すんだからなぁ」"

  •  まさかの最終回への前振りと見せかけてここから5冊以上も続くとは。ただのギャグ漫画じゃない。

  • 978-4-7575-2686-0 180p 2010・9・21 9刷

  • 再読。
    島崎かわいそすぎる……。
    クーリングオフできるだろうか。

    侘び寂びのいとおかしも おかしだったな。

    ラストサムライも切なかったし。
    今回切ない話多かった……か?
    (150903)

  •  

  • シロさんを愛するあまりついに島崎さんまで河川敷の住人に・・・!村長の命名「女スパイ」がズバリ的中すぎです。一見仕事のできるまともな女性に見える島崎さんが実は一番シュールかもしれない。

  • 村長の意外な過去。リクが猫を嫌いだけど実は…。ステラと鉄人兄弟の話など色々。ピーコの村長に対しての勘違いも笑えた。恋愛要素が多くて随分と雰囲気が変わってきたな。その後、秘書島崎の行動もすごかった。今後どうなっていくのだろうか。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ナ-5/9
    【資料ID】 1001011840 
     

  • 島崎さんがどんどん暴走していきます…
    予想以上にシリアスな正体も…。

    ネコにメロメロのリク。ステラに恋する鉄雄。アマゾネスの素顔、など。

  • ラストサムライ→P子だとちょっと恋愛色が強すぎる気もするなあ。

全78件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中村 光(なかむら ひかる)
1984年生まれ、静岡県出身の漫画家。2001年、16歳(高校1年生)の時に「海里の陶」が『月刊ガンガンWING』掲載され、デビュー。
2004年『ヤングガンガン』創刊号から『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始し、アニメ化、テレビドラマ化、映画化される大ヒット作となる。また、2006年『モーニング・ツー』にて『聖☆おにいさん』を連載開始。こちらもきわめて高い評価を受け、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。劇場アニメが公開され、実写ドラマ化も予定されている。

荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)のその他の作品

中村光の作品

荒川アンダー ザ ブリッジ 9 (ヤングガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする