鋼の錬金術師 26 (ガンガンコミックス)

著者 : 荒川弘
  • スクウェア・エニックス (2010年8月12日発売)
4.35
  • (437)
  • (290)
  • (115)
  • (9)
  • (3)
  • 本棚登録 :3549
  • レビュー :186
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757529298

鋼の錬金術師 26 (ガンガンコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 荒川弘の"鋼の錬金術師"第26巻。ついに約束の日が発動し、"お父様"の目的が果たされてしまう。果たして彼らはアメストリスを救えるのか!?話の展開がスピーディーで目が離せません。キング・ブラッドレイやキンブリーなど主要なキャラが倒れていきますが、ただの敵という描き方じゃないのが共感が持てます。それぞれにきちんと信念を持って、軸がブレることなく生きていたのがとてもかっこ良く見えてしまいます。次巻が最終巻。長かった彼らの物語がついに終わります。

  •  登録し忘れてた。
     最終決選ももつれこんで、そろそろおしまい。散り際にしろなんにしろ、この漫画は『本当の意味での悪人』はいないのだと、思う。
     ラース(ブラッドレイ)にしろ、『お父様』にしろね。最終巻を読めばそれがもっと顕著に分かる。
     …みんな、ただたんに欲していただけさ。自分の手にははいらないであろう『なにか』を。

  • 遂にプライドが…。あとは最終巻のみ!

  • スカーがすっごく良かった。
    2巻のピリピリした激高男とは、もはや同一には見えない。
    死んだ兄と、あぁ兄弟だなぁと思わせる表情を
    せるようになりました。
    そしてキンブリー!魂になっても美学ですか!?
    やっぱ荒川先生、すごいなぁと思いましたね?。
    最終巻は1巻のあのセリフがあるから楽しみです。
    (連載読んでました♪)

  • もう終いかと思って読んでたらあともう少しだけ続くんだ。次々と決着がついていく。
    最終巻待ち遠しい。

  • セントラル決戦、vol.4。

  • ついに揃った5人の人柱。国土錬成陣が発動し、闇が世界を覆う…!!神の力を手にしたフラスコの中の小人(ホムンクルス)の圧倒的な力。そして錬金術を封じられたエドやアル達。絶体絶命の危機に、対抗する術は…!(Amazon紹介より)

  • とうとう神まで取り込んでしまったホムンクルス。ここからどうやって戦うのか。ブラッドレイの最期はなんだかしんみり。セリムもかわいくなっちゃって。キンブリーもかっこよかった。次でとうとう最終巻。あーもったいない!

  • 26巻目。

    キング・ブラッドレイが遂に倒れます。この前もそうだけど、親父を渋く描きますねえ。すごくカッコ良かったです。
    プライドも倒れ、いよいよファイナルバトルです。RPGのラスボス戦のような緊張感と高揚感です。いよいよ次が最終巻。楽しみです。

  • 牛先生! どうかラストとエンヴィももう一度っっっ!!!

    本編とおまけ4コマの落差がいいっすね~

全186件中 1 - 10件を表示

鋼の錬金術師 26 (ガンガンコミックス)のその他の作品

荒川弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鋼の錬金術師 26 (ガンガンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする