ハーメルンのバイオリン弾き ~シェルクンチク~ 5 (ヤングガンガンコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
3.79
  • (8)
  • (10)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757529823

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏合宿のサヴァイヴァル・バトルを通して、それぞれ暗い過去を背負ったシェルとグレートの信頼関係はゆるぎないものになっていきます。その一方、シェルたちの村を実験場としたバロックが、シェルの幼なじみだったハーモニーをはじめとする「殉教者」(マーター)たちを率いて、ハーメルとフルートの暮らすスタカット村を襲撃します。

    ようやくハーメルたちもストーリーに登場することになりました。

  • 2010/8/31購入・12/18読了。

    シェルとグレートが決意を新たにする回。
    シェルの体を元に戻すにはどうすればいいのだろう?
    気合でなんとかなるならいいのだけど・・・魔法でどうにかならないのかなぁ・・・。

  • クラリン、メゲないで! 笑

  • ハーメルとフルートが・・・!
    とんでもなく懐かしい感じがしました。
    おまけに登場したサイザー・ライエルの本編での活躍にも期待です。
    ストリングス姉妹頑張れ!(笑)

  • 作者コメントからすると「それから」にまるで凄い描き直しがあった風だけど、間違い探しレベルで台詞がちょこっと変わっただけで描き直しはなし。表紙はなぜか髪の毛をまた染めたクラーリィ!

  • 4巻が出てるのに半年ほど気付いてなくて、期せずして4、5巻一気読み。親世代も絡んできて、やーもう懐かしくって。前作知らないで読んでる人いるのかな。シリアスとギャグの絶妙な混ぜ方は健在で、うまいなあほんと。

  • 熱い…! それに、つい大笑いしてしまう!
    シリアスとギャグの切り替えタイミングはさすがというところです。そんなことを思う第5巻。
    主人公2人がつらい宿命に共に立ち向かおうと誓う巻ですが、そんな二人をよそに、周囲ではまたつらい運命が動きだしています。
    うん、帯に書いてある通り、時を経ても奴隷としての輪舞曲は変わらないよね!
    前作主人公の登場には驚きもあり懐かしさもあり嬉しさもあり不安もあり。

  • 5巻です。シェルの抱えている秘密が明らかになったり、前作の主人公ハーメルとフルートが登場したりと内容が盛り沢山です。
    シャルクンチク連載前に発表された外伝も入っていたり、書き下ろしページも入っていたりと、本誌での連載を読んでいる人にもお勧めです。
    書き下ろし外伝の中の、リッジの涙が哀愁を誘いました……

全9件中 1 - 9件を表示

渡辺道明の作品

ツイートする