黒執事(10) (Gファンタジーコミックス)

著者 :
  • スクウェア・エニックス
4.03
  • (174)
  • (174)
  • (123)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 2717
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784757530126

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。表紙のタナカさん麗しい。そして作中のタナカさんかっこいい。われらが日本を代表して活躍しているせいか、つい肩入れしてしまう。またどんな場面でも猫がかわいい。いつも動物に厳しい、奇妙な冒険をしている作品とは大違いだ。怖がりなグレイもかわいい。アイリーンさんの美肌、見習いたい。というか美肌は登場人物全員な気がする。私もモブBとかでいいから枢やな先生に作画されたい人生だった。あとジェレミーさんは完全にホームズ。次巻も楽しみ。

  • 伯爵家で起こった殺人事件、解決編。まあセバスちゃんが死ぬわけないw悪魔で執事なんだから。

  • ジェレミーさん、ホームズみたい。
    でも何がなんだか・・・

    田中さんがすごく強いということはよくわかった

  • タナカさんかっけぇー!!?∑(゚Д゚ノ)ノ

  • たっタナカさん強ぇ…!!

  • 執事死亡!執事変更?探偵登場!?
    ファントムハイヴ家で起きた連続殺人事件。
    セバスチャンを失ったシエルは、小説家・アーサーと共に事件解決に動き出す。
    そこに…いるはずのない13人目の人物が現れて!?

    見開きの田中さんのかっこよさに思わず悲鳴が上がった。田中さんイケメンすぎる!素敵紳士すぎる!
    とりあえずミステリーものっぽくなってきたけど、これたぶんセバスチャンにやらせれば問題ない感じになるから、あんまり意味ない気がするなぁ。
    あと女王の執事がいちいちうざい。この人は何をしにきてるんだ?
    使用人たちの結束とセバスチャンへの純粋な想いが泣かせてくれる。
    突然湧いてでた13人目は、なんだこの胡散臭い牧師…とか思ってたらまさかのオチだった。いや、よく考えればそうだよね、でもちょっと気づかなかったよ。

  • やっと終わった密室殺人事件編!

  • セバスチャンって何でもこなせるのが本当すごいって思います。。。すごすぎるぞ!!!

  • 推理小説、完結!

  • 連続殺人事件 解決編。

    クローゼットに猫・・・(・ω・)

全80件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

枢やな(とぼそ やな)
1984年生まれ。埼玉県出身。2004年、『9th』でデビュー。2006年、『黒執事』の連載を開始。同作はテレビアニメ及びミュージカル化され、累計部数は2300万部を突破しており、2014年には実写映画が公開された。
2003年、『HELL-O』にて第3回スクウェア・エニックスマンガ大賞奨励賞受賞、2004年『DISGUISE』にて第4回スクウェア・エニックスマンガ大賞入選。2008年『黒執事』にて第54回小学館漫画賞 少年漫画部門ノミネート、2010年同作でジャパン・エキスポ・アワード 最優秀少年漫画部門受賞。

枢やなの作品

黒執事(10) (Gファンタジーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする